いにしえの バラモン達は 四十八年 真理を学び 禁欲をした<再289>

○ワン爺さんの独り言<289>
・・・
すべての楽しみをすて
勉強しなければ
物にならない時がある。


第2 小さな章 7.バラモン法経 6.

○中村元先生訳
289
かれら昔のバラモンたちは
四十八年間、
童貞の清浄行を行った。
知と行とを求めていたのであった。


○正田大観先生訳
292.(289) 
彼らは、四十八年のあいだ、
童貞の梵行(禁欲清浄行)を行じおこないました。
かつて、婆羅門たちは、
明知と行ないの遍き探求を行じおこないました。(6)


○パーリ語原文
289.
アッタチャッターリーサン   ワッサーニ
Aṭṭhacattārīsaṃ         vassāni
四十八              年

コーマーラブラフマチャリヤン   チャリンス   テ
komārabrahmacariyaṃ        cariṃsu     te,
童貞の清浄行を           行った     彼らは

ウィッジャーチャラナパリイェッティン
vijjācaraṇapariyeṭṭhiṃ
明と行の探究

アチャルン   ブラーフマナー   プレー
acaruṃ      brāhmaṇā        pure.
行なった    バラモン達は     前の


○一口メモ
昔のインドのバラモン教徒は生涯のうちに経るべき段階として、以下の4段階が設定されていました。
学生期(梵行期):師のもとでヴェーダを学ぶ時期。
家住期:家庭にあって子をもうけ一家の祭式を主宰する時期。
林棲期:森林に隠棲して修行する時期。
遊行期:一定の住所をもたず乞食遊行する時期。

この偈では学生期(梵行期)を48年過ごしたということになります。また一説によりますとヴェーダの学習に要する年限は、一ヴェーダについて12年を要すると考えられていました。四ヴェーダありますから、48年必要だったということになります。昔のバラモンたちはその期間、禁欲生活を続け、ヴェーダを学び、智慧を習得し、その実践を行なったということです。

何かを真剣に学ぶためには、心を散らしたり、汚したりしないために、禁欲生活が必要だったのです。それは今も変わらないことであります。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモン達は 四十八年 真理を学び 禁欲をした<289>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_5.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記
2016.10.10.(月) 第83日目 体育の日(祝日)
 昨日はアラナ精舎の庭の植木の剪定を行ってくれた方がおられたが、今日は彼の他に朝から6、7人の方が精舎に来られて、中庭や塀の回りの植木の剪定や、また前の畑の草取りなどをしてくれた。私は知らなかったが今日は庭掃除の日になっていたらしいのです。アラナ精舎の庭全体となれば大変だが、人数が集まれば、かなりのことができる。見違えるようにきれいになった。
 また今日はアラナ精舎のパーリ語の研修会に参加する方もおられ、アラナ精舎も少しにぎやかだった。夕方の読経は6人で行いました。

秋晴れの アラナ精舎の 内外を 善き人集い 清らかにする


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月15日(土)は雨安居終了日ですので、今回は東京都八王子市の善東院にある戒壇でウポーサタ(布薩)を行います。その為、クサラダンマ長老と私ワンギーサはそちらに出かけます。クサラダンマ長老は翌日16日岸和田に戻り、私は18日に戻る予定です。

◎私は現在、雨安居のため大阪府岸和田市のアラナ精舎滞在しております。上記10月15日~18日以外は、アラナ精舎のカティナ衣法要(10月23日「日」)まで、こちらに滞在することになります。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きますが、その後、しばらくこちら(岸和田)にしばらく滞在させて頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年10月11日 04:21
おはようございます。
冥想中の妄想がなぜ生じるのかと観察すると、それは、私自身が、「好き好んで」敢えて妄想しているのだ、ということが判りました。要は、「欲」です。また、いくら慈悲の冥想をしても、怒りが生じることがあります。その原因も、結局は、また私自身の「欲」にありました。「何かを真剣に学ぶためには、心を散らしたり、汚したりしないために、禁欲生活が必要だったのです」。慙愧に耐えません。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年10月11日 19:08
48年も勉強するのであれば、文字通りその学びを中心とした生活になると思います。学びも深く、正確なものになるのではと想像致します。現在私は40代、子供も大きくなってきていて自分の時間が取れる様になりました。今こそ実践するべきと認識しています。そして一歩前に成長出来る様にしたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい夜となりますように。
たか坊
2016年12月19日 02:25
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪