いにしえの バラモンたちは 妻たちの 月経時は避けて 秩序を守った<再291>

○ワン爺さんの独り言<291>
・・・
遊びは自由に
行なえばよいのですが、
みんなで仲良く行うことは
必要なことだ


第2 小さな章 7.バラモン法経 8.

○中村元先生訳
291
(同棲して楽しんだのではあるけども)、バラモンたちは、
(妻に近づき得る)時を除いて
月経のために遠ざかったときは、
その間は決して婬欲の交わりを行わなかった。


○正田大観先生訳
294.(291) 
〔適切な〕その時より他には、
月経で離れている〔妻〕に向かって、
〔その〕間、婆羅門たちは、
まさに、淫欲の法(性質)に赴きません(性交しない)。(8)


○パーリ語原文
291.
アンニャトゥラ    タンハー     サマヤー
Aññatra        tamhā       samayā
他は         それより      時より

ウトゥウェーラマニン     パティ
utuveramaṇiṃ         pati
月経時を避ける(妻に)   対して

アンタラー     メートゥナン     ダンマン
antarā       methunaṃ      dhammaṃ
その間      淫欲          法

ナッス     ガッチャンティ     ブラーフマナー
nāssu      gacchanti        brāhmaṇā.
決してない  行く           バラモン達は


○一口メモ
昔のバラモンが妻を求め、性的な関係を持つのは、息子を作り、家系を断絶しないためでありました。ですから、その行為は欲望のためというよりは、秩序を守るためでした。ですから、妻の月経時はその行為の目的に沿うものではありませんから、その時期の性交は決して行いませんでした。

家系の存続を大切にする意味はあまりないとは思いますので、意味のない行為における正しいあり方を問題することもあまり意味がないとは思います。しかし、それが秩序を乱すことにならないように、それなりに正しく行うことは必要なことだと思います。


○前回のこの偈の解説

いにしえの バラモンたちは 妻たちの 月経時は避けて 秩序を守った<291>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_7.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


○アラナ精舎雨安居日記
2016.10.12.(水) 第85日目
 今日はまた事務局員の趙さんがアラナ精舎に来られた。10月23日のアラナ精舎のカティナ衣法要の準備のためだ。他にもう一人女性の方もその手伝いに来られた。あと三日で雨安居が終わり、その後の法要の準備がいろいろあるのだろう。
 食事のお布施のために外出する前に質問の電話があった。それは方便の問題であった。その回答にダンマパダの13偈と14偈の因縁物語(ブッダの異母兄弟のナンダに対する方便)を思い出して、ブッダも方便を使われたのだと確信して質問者にお答えした。
 月に一度は必ずお布施をして下さる御姉妹が、今日は岸和田城の隣にある和食のレストランでお昼のお布施をして下さった。食後はそこで時間いっぱいまで、ヤサ長老や私ワンギーサの名前の由来や禅宗の公案の話しもした。
 夕方には、堺市から来られた方と奈良から来られた方がおられた。そして堺市の方に質問された。夕方の読経のあと、この質問に関する話しを三人で話した。「創価学会の知りあいが『信が一番大切だ。』と言われたが、テーラワーダ仏教はそうではないと思うがどうか?」という質問だった。スッタニパータにバーラドヴァージャ経がある。そ中でブッダは「私にとっては、信仰が種である。苦行が雨である。智慧がわが軛と鋤である。・・・・・」(スッタニパータ77偈)と述べておられるので、信が大切であることはテーラワーダ仏教でも変わりがない。しかし、信の内容は創価学会のものとは異なることは知るべきだ。参考のために次のブログ記事をお読みください。
農業の 種とは実は 無量心 種を育てて 悟りに至る<再77>
http://76263383.at.webry.info/201603/article_31.html


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎10月15日(土)は雨安居終了日ですので、今回は東京都八王子市の善東院にある戒壇でウポーサタ(布薩)を行います。その為、クサラダンマ長老と私ワンギーサはそちらに出かけます。クサラダンマ長老は翌日16日岸和田に戻り、私は18日に戻る予定です。

◎私は現在、雨安居のため大阪府岸和田市のアラナ精舎滞在しております。上記10月15日~18日以外は、アラナ精舎のカティナ衣法要(10月23日「日」)まで、こちらに滞在することになります。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きますが、その後、しばらくこちら(岸和田)にしばらく滞在させて頂きたいと考えています。宜しくお願い致します。

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年10月13日 04:24
おはようございます。
何故性欲がいけないのか?性欲は自然なことなのだから、別に不善ではないのではないか?こう質問されたときのお釈迦様の御答えは、こうだったそうです。「では、性行為を行う際に、欲がなくて、それができますか?必ず、欲が必要になるのです。ですから、性行為は、不善行為なのです(スマナサーラ長老・アビダンマ講義から)」。欲を野放しにした状態では、「清らかさ」は成り立ちません。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年10月13日 07:34
おはようございます。
月経中の女性は、性行為を望まない・・のではないかと思います。ですが男性側は性欲から、そんなの関係ないとやってしまいそうです。そこには理性はないと思います。欲を満たす等以前に相手の方はどうなのかという所と、欲自体を満たそうとする状態に気が付いて、そして律して参りたいです。
雨安居日記から、以前加入したある会が、創始者の英雄ぶりを称え、そして信を持ち、それでその会に人を加入させる事が・・と繋がっていったときに、洗脳を思いました。そうではない、確信を持てる所で、成長をしたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。