車の王は バラモンたちに 勧められ 幾百千の 牛を殺した<再308>及び<再309>

○ワン爺さんの独り言<308><309>
・・・
バラモンたちは
王様をそそのかし
何百、何千のやさしい牛たちを
殺してしまった。


第2 小さな章 7.バラモン法経 25.26.

○中村元先生訳
308
そこで戦車兵の主である王は、
バラモンたちに勧められて、
幾百千の多くの牛を
犠牲のために屠らせた。

309
牛は、脚を以ても、
何によっても決して(他のものを)害うことがなくて、
羊に等しく柔和で、
瓶をみたすほど乳を搾らせてくれる。
しかるに王は、角をとらえて、
刃を以てこれを屠らせた。


○正田大観先生訳
311.(308) 
しかして、そののち、婆羅門たちに説得された、
車上の雄牛たる王は、
幾百千の牛たちを、
祭祀において屠らせました。(25)

312.(309) 
〔牛たちは、人にたいし〕足で〔害すること〕なく、
角で〔害すること〕なく、何であろうと、
まさに、〔人を〕害することはありません。
牛たちは、羊と等しく温和で、瓶に乳を出してくれます。
その〔牛たち〕を、王は、角を掴まえて、
刃でもって屠らせました。(26)


○パーリ語原文
308.
タトー    チャ     ラージャー    サンニャットー
Tato     ca      rājā        saññatto
その後    そして    王は        勧められた

ブラーフマネーヒ      ラテーサボー
brāhmaṇehi         rathesabho
バラモンたちに       戦車兵の主たる

ネーカー     サタサハッスィヨー
nekā       satasahassiyo
多くの      幾百千の

ガーウォー     ヤンネー       アガータイ
gāvo        yaññe        aghātayi.
牛たちを      祭祀において    殺した

309.
ナ    パーダー   ナ     ウィサーネーナ
Na    pādā      na     visāṇena
ない   足で      ない   角で

ナッス    ヒンサンティ     ケーナチ
nāssu     hiṃsanti       kenaci
ない     害す         何によっても

ガーウォー     エーラカサマーナー
gāvo         eḷakasamānā
牛たちは       山羊と等しく

ソーラター    クンバドゥーハナー
soratā       kumbhadūhanā,
やさしい     瓶一杯の乳を出すもの

ター        ウィサーネー     ガヘートゥワーナ
tā          visāṇe         gahetvāna
その(牛たち)を 角を          取って

ラージャー   サッテーナ     ガータイ
rājā        satthena      ghātayi.
王は       刀で        殺した


○一口メモ
バラモンたちが、王をそそのかし何百千という牛を殺す時の状況を、注釈書から引用して説明します。

バラモンたちは供犠坑を牡牛でみたし、一番立派な雄牛を杭に縛り付け、そこに王を案内し、次のように言うのです。「大王様、牛祭の供犠を行いなさい。そうすれば、あなたのための梵天界への道は浄められるでしょう。」 王は祝祭の行事を行い、剣を取って雄牛とともに幾百千の牛たちを殺しました。バラモンたちは供犠坑に入って、牛の肉を引き裂いて食べた。」ということです。

牛たちは、この偈で説明されているように、大きな身体をしていますが、足や角で人間を害することはなく、優しく、その上多くの牛乳を与えてくれるのです。そのような生きものを、何の戸惑いもなく殺してしまうとはなんと言うことでしょう。あってはいけない話しです。どのような結果が待っているか心配です。


○前回のこの偈の解説

車の王は バラモンたちに 勧められ 幾百千の 牛を殺した<308>
牛たちは 山羊のように やさしくて 乳をくれるのに 王は殺した<309>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_23.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きます。その後、しばらくアラナ精舎に滞在させて頂きたいと考えていましたが、そのまま東京に滞在することになりました。関西の皆様にはお世話になりました。関東方面の方はまた宜しくお願いいたします。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年10月29日 04:19
おはようございます。
大量の牛を殺したバラモンから想起したのは、アウシュビッツのことです。観光に過ぎませんが、私は一度アウシュビッツを訪れたことがあります。その日は、日曜日だったのですが、小中学生くらいの多くの子供たちが、先生に引率されて学んでいました。「虐殺」は、繰り返されてはいけません。それは、人だけでなく、牛についても同じです。当時のバラモンたちの非道には、言葉をなくします。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年10月29日 08:25
おはようございます。スペインに行ったとき、闘牛をみました。そこで生きていたものが死んでいく状況を見ました。また、偶然といってよいのでしょうか、闘牛士が牛にやられ倒れるのを見ました。その後数年してテレビで偶然その時のシーンが出て、その方がお亡くなりになった事を知りました。そんな状態の時、妙に興奮すると思います。その興奮を何かと勘違いしてしまうと、もう救われないような状態になるのではと思います。そそのかす方も・そそのかされる方もどちらも避けれるような、そんな智慧をもって参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
こころざし
2016年10月29日 08:25
おはようございます。スペインに行ったとき、闘牛をみました。そこで生きていたものが死んでいく状況を見ました。また、偶然といってよいのでしょうか、闘牛士が牛にやられ倒れるのを見ました。その後数年してテレビで偶然その時のシーンが出て、その方がお亡くなりになった事を知りました。そんな状態の時、妙に興奮すると思います。その興奮を何かと勘違いしてしまうと、もう救われないような状態になるのではと思います。そそのかす方も・そそのかされる方もどちらも避けれるような、そんな智慧をもって参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
こんせん
2016年10月29日 08:30
おはようございます。毎日ありがとうございます。
バラモンたちは王様をそそのかし...
他人をそそのかす行為は悪魔そのもですね。バラモンは悪魔と化しました。悪魔はそういう存在もあるでしょうが、実際は己の自我(我欲)と思います。自分(の家族)さえ良ければいい…悪魔への変身の始まりです。
みやみや
2016年10月29日 09:31
世間はバラモンをよくやった、王もよくやった。うらやましい(私も仲間に入りたい!)と思うでしょう。結果が心配です。
ということは、世間は、結果を心配しない世界、とも言えるでしょうか。引き続き観察し、少しでも因果法則が分かるようになりたいと思います。ありがとうございました。