人々は 家畜を殺す バラモンを あり得ないこと だと非難した<再313>

○ワン爺さんの独り言<313>
・・・
悪いおこないは人に知られれば
必ず非難される。
まさか、知られなければ、
よいとは思わないよね。


第2 小さな章 7.バラモン法経 30.

○中村元先生訳
313
このように昔からのこのつまらぬ風俗は、
識者の非難するものである。
人はこのようなことを見るごとに、
祭祀実行者を非難する。


○正田大観先生訳
316.(313) 
このように、この微細な法(性質)が、
過去のこととして〔世に有り〕、識者によって非難されたのです。
そこにおいて、このような〔供犠〕を見るなら、
人々は、祭祀者を非難します。(30)


○パーリ語原文
313.
エーワ メーソー    アヌダンモー
Evam eso       aṇudhammo
ように      この      つまらない法は

ポーラーノー    ウィンニュガラヒトー
porāṇo        viññugarahito,
昔からあって    識者によって非難されて

ヤッタ     エディサカン     パッサティ
yattha      edisakaṃ       passati,
ところでは  このようなことを  見る

ヤージャカン  ガラハティー    ジャノー
yājakaṃ      garahatī       jano.
祭祀者を    非難する      人々は


○一口メモ
諸々の暴力が昔からあり、そのなかに殺生という法に反する行為があった。
それらを識者は非難した。
家畜を殺すという行為を行ったバラモンたちは法に反し、法から転落した。
(以上312番)
家畜を殺すという習慣は昔からあった。
識者はこの行為を非難していた。
家畜を殺すという行為を見た人々はバラモンたちを非難した。
(以上313番)

このように並べてみると、今回の偈で、バラモンたちは人々から非難されるようになったということがよく分かります。人々は「バラモンたちによって、かつてなかったことが起こされた。彼らは牛を殺して食う。」と非難したということです。バラモンたちの悪行為の結果は、病気が増えるという他にも、このようにも現れたのです


○前回のこの偈の解説

人々は 家畜を殺す バラモンを あり得ないこと だと非難した<313>
http://76263383.at.webry.info/201312/article_27.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎大阪府岸和田市のアラナ精舎での雨安居は10月15日(土)で終了しました。アラナ精舎のカティナ衣法要は10月23日(日)に行われます。それ以後については11月3日のゴータミー精舎のカティナ衣法要に参加するために東京に行きます。その後、しばらくアラナ精舎に滞在させて頂きたいと考えていましたが、そのまま東京に滞在することになりました。関西の皆様にはお世話になりました。関東方面の方はまた宜しくお願いいたします。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

こころざし
2016年11月02日 07:06
おはようございます。
バラモンの、牛を沢山殺して食べるという悪行為は、もはや取り繕えない明らかな汚点になったのではと感じました。明らかな汚点がある場合、それを認め・謝罪しないと収拾は困難になると思います。ですがバラモンみたいな方はそんな事はしないと想像致します。それでは相手にされなくなるのも当然な成り行きと思います。悪行為をしてしまう事、恐ろしく思って戒めて参りたいです。
kempsford
2016年11月02日 07:23
おはようございます。
八歳の娘さんに、殺生はいけないよ、と教えているお母さんと知り合いです。娘さんは、それを理解して、虫も殺さないようになっています。ところが、そのご主人が反発されています。じゃあ、細菌はどうだ!、植物はどうするんだ!という主張です。でも、殺生は、「昔からあって、識者によって非難されていた」のですね。本偈の前段を知り、安心しました。早速、お母さんに教えてあげます。ご指導ありがとうございました。