思慮ある 弟子は理解して 注意して 師に従って 聡明になる<再317>

○ワン爺さんの独り言<317>
・・・
伸びる生徒は
素直な人だと
どんな先生も言う。


第2 小さな章 8.船経(法経)2.

○中村元先生訳
317
思慮ある人は、そのことを理解し傾聴して、
理法にしたがった教えを順次に実践し、
このような人に親しんで怠ることがないならば、
識者・弁え知る者・聡明なる者となる。


○正田大観先生訳
320.(317) 
その〔法〕を義(目的)と為して、こころして聞いて、
慧者は、法(教え)を法(教え)のままに実践しつつ、
識者と〔成り〕、〔法を〕分明する者と〔成り〕、しかして、精緻の者と成る
――彼が、〔気づきを〕怠ることなく、そのような〔多聞の〕者と親しくするなら。(2)


○パーリ語原文
317.
タ ダッティカトゥワーナ   ニサンマ     ディーロー
Tad aṭṭhikatvāna        nisamma     dhīro
それを 対象として       注意して     賢者は

ダンマーヌダンマン      パティパッジャマーノー
dhammānudhammaṃ      paṭipajjamāno
法に従う法を          実践して

ウィンニュー  ウィバーウィー   ニプノー   チャ     ホーティ
viññū       vibhāvī        nipuṇo     ca      hoti,
識者      分別者        聡明な人  そして    成る 

ヨー    ターディサン   バジャティ   アッパマットー
yo     tādisaṃ      bhajati      appamatto.
彼が   そのように   親近する    不放逸(ならば)


○一口メモ
ブッダは、「善友と親交することは仏道修行のすべてだ」と言われました。ですから、仏教では善友と親交することを非常に重視しております。仏教を知らない人が仏教に近づく縁になるのは善友です。また修行中において、精進を持続させる力になるのも善友です、更に、修行の最終段階で修行を完成させるに際しても善友の力は大きいのです。

善友については、このブログで何回も述べておりますので、是非ブログ内の検索で善友を調べて、そのいくつかについてお読みください。

この偈は、善友との親交を師匠と弟子の関係として述べています。賢明な弟子は、多聞なる、法を知る師匠に明らかにされた法に耳を傾け、その法に従って実践することが述べられています。ここでもう一つ仏教の重要なキーワードである不放逸という言葉が出てきます。不放逸とは単に怠けないとは異なります。念(気づき、この漢字が現わしているように、「今の心」を知っていることです。)を持続させ、それを怠けないことです。つまり、師匠に示された法を不放逸で実践すること。そうすれば、「識者・弁え知る者・聡明なる者となる。」というわけです。つまり、これは悟りを開くということです。


○前回のこの偈の解説

思慮ある 弟子は理解して 注意して 師に従って 聡明になる<317>
http://76263383.at.webry.info/201401/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年11月07日 05:55
おはようございます。
「気付きを絶やさない」。もちろん、冥想中はそれのみに心がけています。でも、ほんのわずかな隙から、すぐに妄想がはいり込みます。なぜ?もちろん、私が、修業不足だからです。えっ、こんなに一生懸命冥想しているのに?でも、ちょっと待てよ。冥想以外の時間は、どうしている?怠けていないか?そこで怠けていたのでは、妄想が増大するに決まっているではないか!「師匠に示された法を不放逸で実践すること」。この実践は、難しい。でも、やるしかありません。ご指導ありがとうございました。
みき
2016年11月07日 05:59
おはようございます。善友は大切にしなくてはいけませんね。例え、相手が善友でなかったとしても、私「こちら側」は善友として振る舞うことが大切でと思います。
こころざし
2016年11月07日 07:31
おはようございます。
素直な真っ直ぐな気持ちで、そして不放逸の実践をして参りたいと思います。ですが、そのような志はあっても、日常を見ると出来ていない時が多くあるのは明白です。その事を反省し、そして真摯に出来ている割合を増やして参りたいです。
善友・法友について、お会いするご縁を頂けても、その後ではメール等でやり取りして・・とはならない方も普通にいらっしゃると経験してきています。やり取り重視?ではない、自分の修行を進めれるような、そんな姿勢を持って参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。