渇愛を この世において 完全に 彼は断ったと 世尊は言った<再355>

○ワン爺さんの独り言<355>
・・・
山の中で修行して
怒らなくなっても、
山を下り嫌いな人に会って
怒りが出れば、まだまだです。


第2 小さな章 12.ヴァンギーサ経 13.

○中村元先生訳
355
師は答えた、
「かれはこの世において、
名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。
長いあいだ陥っていた黒魔の流れを断ち切ったのである」
五人の修行者の最上者であった尊き師はそのように語られた。


○正田大観先生訳
358.(355) 
かくのごとく、世尊は〔答えた〕
「〔カッパは〕名前と形態(名色:現象世界)にたいする渇愛を、この〔世において〕断ちました。
長夜にわたり悪しき習いとなった、黒き者(悪魔)の流れを〔断ちました〕。
残りなく生と死を超えました」〔と〕。
かくのごとく、世尊は説いた――五者(ブッダが最初に説法した五人の修行者)にとっての最勝なる方は。(13)


○パーリ語原文
355.
アッチェッチ     タンハン   イダ     ナーマルーペー
‘‘Acchecchi      taṇhaṃ    idha      nāmarūpe
断ち切った      渇愛を    この世で  名と色における

イティ   バガワー
iti     Bhagavā
と    世尊は(答えた)

カンハッサ   ソータン    ディーガラッターヌサイタン
Kaṇhassa     sotaṃ     dīgharattānusayitaṃ,
黒の       流れを    長い間潜在していた

アターリ    ジャーティマラナン   アセーサン
atāri      jātimaraṇaṃ     asesaṃ,”――
越えた    生と死を        残りなく 

イッチャブラウィー    バガワー      パンチャセットー
icc-abravī          Bhagavā       pañcaseṭṭho.
と述べた          世尊は       五者の最上者である


○一口メモ
この偈で、世尊はヴァンギーサ尊者に答えます。答えの内容は次の通りです。

「カッパはこの世で、身心に対する渇愛をすべて断ち切った。長い間、潜在していた黒の流れともいわれる煩悩をすべて断ち切った。残すことなく生死を超えた。」

「名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。」この言葉は重要は言葉で、解脱したことを示しています。

「残すことなく生死を超えた」の生死については、2月7日の「一口メモ」で述べました。

この世尊の言葉は、残すことなく生存の残余を越えたので無余涅槃(般涅槃)をしたことを示しています。

四行目は世尊の言葉ではなく、この経の編集者の言葉ですが、「五者の最上者」の五者はいろいろな説があります。これは正田先生の訳にあるように、ブッダが最初に説法した五人の修行者と理解すればよいと思います。

ヴァンギーサ尊者は、やっと期待通りの世尊の言葉を聞けて良かったですね。


○前回のこの偈の解説

渇愛を この世において 完全に 彼は断ったと 世尊は言った<355>
http://76263383.at.webry.info/201402/article_11.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

生きとし生けるものは幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごことが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


~~~~~~お知らせ~~~~~~

◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

kempsford
2016年12月18日 04:36
おはようございます。
断ち切るべきは、「nama(名)とrupa(色)に対するtanha(渇愛)」です。でも、現象がnama とrupaに観えるようになるには、今まで大雑把に「私・自分」というものだったのが、「身体という物体がある」・「その中に感覚が流れている」、というように二つに分かれて観えてこなければなりません。アビダンマ第九章摂業処分別の講義で最も印象に残ったのが、この「見清浄」の教えです。ご指導ありがとうございました。
こころざし
2016年12月18日 06:33
おはようございます。
冥想合宿中はそれなりに実行出来ても、実生活では夜叉のような渇愛に溢れ、俗世間人そのものの自分がいて反省します。実生活でも渇愛を捨てれるような・実践の姿勢が出る様にしたいです。誘惑に負ける自分を見ると、少しの緩みをきっかけに確信犯のようにどーんとその刺激が欲しい渇愛を満たす状態に入ってしまいます。少しの緩みが出ない様に、出てもそこで止めれるようにしたいです。
ワンギーサ長老・皆様の、今日も素晴らしい一日となりますように。
シンプルなネズミ
2016年12月18日 20:10
よく悟りが認知症や精神病と比較されて語られているところを目にしますが、それはあくまで別だと言わざるを得ません。段階的に悟るということは渇愛が弱くなっていって最終的に消滅するということですから。認知症や精神病の場合は渇愛はそのままではないでしょうか。

悟りについて考えていくと赤ちゃんの時に貰った愛情を捨て去っていくことも悟りに伴う必然だろうなと思います。仏教に興味があると言いつつも悟りの考察自体を嫌がる人は、ようするにこの世が素晴らしいものだと思ったままでいたいのです。しかし関東大震災の写真をよく見てください。いかにも突然この世に裏切られながらも最後まで渇愛にしがみついて死んでいったとおぼしき人々の痛ましい姿も散見されます。ブッダの原動力になった「拒否感」とは如何なるものかがそんなところからもありありと見えるのです。まさに渇愛への冷静なアプローチ抜きに仏教は語れないわけです。
幸せでありますように。