「在家であろうとも」阿羅漢になれる

ワン爺の独り言(2017.3.26.)
以前私は、出家しなければ阿羅漢になれないように思っていました。しかし、SRKWブッダの存在を知ってからは、彼はそうではないのに慧解脱をされたのですから、出家をしなくても慧解脱できることが分かりました。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou070.htm


(以下引用)
【在家であろうとも】
人が今、在家の生活を勤しんでいるとしても、かれはそのままの状況において覚りの境地に至り得る。

なぜならば、極めて希ではあるものの、仕事の中に於いて、あるいは(仕事を持つ人が)仕事を離れたところに於いて、さらには仕事を離れているのでも無く、かつ仕事を離れていないのでも無いところに於いても、人は善知識が発する法の句を聞くことがあるからである。

したがって、もし人が、それらのような在家の生活圏内に於いて発せられる法の句を聞いて、それを(真実に)理解するならば、かれは次の二つのいずれかの果報を得ることになる。

① 発心を起こす
② (第一種の、あるいは少なくとも第二種の)覚りの境地に至る

それゆえに、覚りの境地に至ることを目指す人は、世間でいうところの(いわば形式的な)在家・出家ということにこだわることなく、具体的な行動を起こせないでいる自らを卑下せず、あるいは(誰かにあてられて)卑屈になることなく、極身近なところによく気をつけて、諸仏が一瞬の化身仏(化身)として世間に現れ出る様を目の当たりにすることを得て、その真実の意味を(こころに)理解し、速やかに覚りの境地に至るべきである。

けだし、覚りの境地に至る道は、それを目指すそれぞれの人の極身近に存在しており、たとえ在家であろうとも、その道が閉ざされることはないのである。

こころある人は、ことわりをこころに知って、出家・在家という人生の道の形式にこだわってはならない。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
私が出家した理由については、いくつか理由がありましたが、その一つはスッタニパータの221偈のブログ記事に述べました。
http://76263383.at.webry.info/201309/article_29.html
しかし、この理法にあるように、「出家・在家という人生の道の形式にこだわってはならない。」ということです。大切なことは、修行者の心の持ち方なのです。そうでありますから、私は形式的な出家をやめたのです。


~~~~~~お知らせ~~~~~~
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

三日坊主
2017年03月26日 22:30

公案3月10日の記事でSRKWブッダの指導方針に疑問を持ったことをコメントしました。つまり、私から見たら、SRKWは理解不能、つかみどころがなかったわけです。そして、ワンギーサ長老の心境の変化も正直、よくわかりませんでした。今回の記事を読んでも、とくにわかったわけではありませんが、ひさびさにこのブログに参りまして、とにかく、ワンギーサさんは出家の時も在家になった今も、大志を抱きつづけているということがわかったような気がしました。