「偽経」と「真実に法(ダルマ)を伝える経典」

ワン爺の独り言(2017.5.29.)
「この世には、真実に法(ダルマ)を伝える経典がある。その一方で、<偽経>と称すべき典籍があるのも事実である。」とSRKWブッダは述べておられます。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou125.htm


(以下引用)

【偽経】

この世には、真実に法(ダルマ)を伝える経典がある。その一方で、<偽経>と称すべき典籍があるのも事実である。

しかしながら、人は経典そのものによって覚りの境地に至る訳ではなく、また偽経によって覚りの境地に至ることが阻まれる訳でもない。けだし、人が人と世の真実をさとって覚りの境地に至るのは、ただかれの正しい心構えと真実を知ろうとする熱望によっているのであると知られるからである。

心構え正しき人は、真実の経典を読めばそれを真実の経典であると理解し、偽経を読めばそれが偽経であるとこころに識ってそれについてのこだわりを離れることができる。それゆえに、かれは結局は正しい道を歩むことになるのである。その一方で、心構え正しからざる人は偽経や異教に誘われる。

こころある人は、正しい道のありようがつねにこの通りであると知って、自分ならざる何ものにも依拠することなく、よく気をつけて遍歴せよ。世に飛び交う何にふれてもそれにこころを汚されてはならない。しかし、だからと言ってそれらを無視してもいけない。つねに歩み進むべきその道を自ら見出し、自らが自らの心を矯めて直ぐなる心を生じ、人と世を平らかに見てその真実を見極めよ。

心構え正しき人は、はからずも真実の経典に巡り会うことを得て、経典の真意を理解することができるであろう。 直ぐなる心の持ち主は、決して経典に転じられることなく経典を転じ、覚りに至る修行を為し遂げて、ついに円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)に至るのは間違いないことである。

聡明な人は、偽経にまつわるあらゆるこだわりを捨て去って、偽経の中においてさえ真理の言葉を見いだす人であれ。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
今回の理法では、世の中には、「偽経」と呼ばれるものがあるが、昨日の理法で述べられたように、どこから出発しても、真実を知ろうと熱望して、心構え正しく、人の究極の帰趨を見いだすことを願っている人は、偽経を読んでも、そこから出発して真実に到達できると述べられているのだと思います。

テーラワーダ仏教ではゴータマ・ブッダが述べた経典或はその承認を受けてない経典は「偽経」と考えていると思いますが、正しくは「正法」が述べられていない経典が「偽経」なのです。ゴータマ・ブッダ以後にも、正覚者が何人か生まれており、それらの方が「正法」述べた経典は「偽経」ではありません。ですから、先日引用した「ウダーナヴァルガ」は「偽経」ではありません。また、大乗経典には「偽経」もありますが、「正法」の説かれた正しい経典があります。


~~~~~~お知らせ~~~~~~
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント