SRKWブッダが説く「修行」について(再掲載)

ワン爺の独り言(2017.5.9.)
「SRKWブッダが説く「修行」について」は、既に2017年2月11日に掲載いたしましたが、重要な内容なので再度掲載いたします。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou106.htm


(以下引用)

【修行】

世間には、これこそ人をやすらぎに導くものであると語り、さまざまに伝承され、広く狭く知られた、思惟・考研の対象としてもあれこれと論議されるところの、世人が「修行法」と称する種々さまざまな方法論が存在している。しかしながら、そのような方法論の何をどのように履修したとしても、それによって人が覚りの境地に至ることはあり得ないことである。なんとなれば、この世には直接にも間接にも超越的にさえも、人をやすらぎに導く手続き的な修行法などは何一つ存在していないからである。

では、そもそも修行は存在しないのであろうか?『決してそんなことはない』とすでに覚りの境地に至ったもろもろの如来は説くのである。

けだし、人が覚りの境地に近づき至って円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)に住するのは、覚りの境地に至ることを目指す正しい熱望にもとづいてかれ自身が見い出し、為し遂げたところの<修行>ゆえのことであると知られるからである。そして、そのことは、覚りの境地に至ったかれ自身が、まさしくあれこそが自分にとっての<修行>であったと後づけで知ることになるのである。したがって、もし人が覚りの境地を目指した<修行>を何も為さないのであるならば、それではかれが覚りの境地に至ることはあり得ないこととなる。

このように、覚りの境地に至ることを目指して行なわれるべき<修行>とは、その具体的なことは、心構え正しきいとも聡明なる人が、誰に頼ることなく自分自身で見い出すものである。それゆえに、その<修行>はかれにとって疑いを残すことなく修されるところとなる。また、その<修行>がかれにとって微塵も疑い無きものであるゆえに、それはかれをして修行にまつわって起こるあらゆる疑惑から離れせしめるものとなる。その結果、<修行>は覚り以前においてもかれに安心と平安とをもたらし、しかもそれは人に何らてらう必要のないものとなるのである。かれは、決してヌミノース(=まるで熱にうなされたよう)にはならない。かれのその<修行>は、何かにけしかけられたり駆り立てられたりしたものではなく、また他の誰かをけしかけることもないものであると実感されつつ修されるからである。かれは、そのようにして<修行>を為し遂げ、ついに自ら因縁を生じて虚妄ならざる不滅のやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至るのである。

ところで、もしも人が「修行法」と称し得るような手続き的な何かによって覚りの境地に至り得るのであるならば、もろもろの如来はそのように説くであろう。しかしながら、いかなる如来もそのように説くことはない。なぜならば、そのようなものは存在していないからである。覚りは、最初から最後まで各自のことがらであり、例外はない。また、それは時代や場所によらずつねにそのようである。そのことを如実に知って、もろもろの如来は<修行>にまつわる真実の真相を真実のままに説くのである。

しかし、だからと言ってもろもろの如来は覚りの<修行>は修行者の自己責任であると主張するのではない。 もろもろの如来は、明知ある人は決して道を誤ることがないと予め知ってただ修行者達を見守るのである。こころある修行者は、見聞きしたものであろうと、自ら想起したものであろうと、何であろうと、あやしげなことに誘われることなくまさしく覚りに至る<修行>に勤しみ、自らそれを為し遂げて円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至るのは間違いない。

実のところ、覚りを目指して行われるべき修行の虚実と正否は、それを行なう修行者の心構え如何によって決まるものである。心構え正しからざれば、いかなる修行を為すとしても、それは手段を選ばぬものとなってしまうであろう。しかし、そのようであってはとても覚ることはできない。その一方で、心構え正しき人は、自ら為すところのあらゆる行為を正しい<修行>として成立させるのである。

したがって、こころある人は「修行」という言葉にとらわれてはならない。自ら見い出した真実の<修行>を為し遂げて、虚妄ならざる安穏(=ニルヴァーナ)に到達せよ。


[補足説明]
経典には次の記述が見られる。

● まさに住するところなくして、しかも其の心を生ずべし(金剛般若経)
   〔応無所住而生其心〕

● 真実の教え(正法)をしっかりと身につけること自体が、真実の教えである(勝鬘経)

(以上引用)


※ワン爺のコメント
始めに述べましたように、SRKWブッダが説く「修行」については2017年2月11日のブログに掲載しましたが、「習慣を離れる利益」や「起承転結のかたち」や「努力の結び」の後で、読んで見るとよく分かると思います。最初に掲載した記事のアドレスは次の通りです。その時の私のコメントを読んで下さい。
http://76263383.at.webry.info/201702/article_11.html



~~~~~~お知らせ~~~~~~
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント

ターラー
2020年04月20日 17:20
SRKWブッダ氏が無料で出されている「試し読み」を読みました。
わたしの印象ですが、禅でいう「悟り」は得ていらっしゃるようですが、主張なさるように慧解脱では無いと思われます。

また、同じ様に、その他の仏教用語に関しても、独自の解釈であるように見えます。

そこをちゃんと精査されたほうがよろしいかと思いますよ。

沢山指摘することが出来ますが、幾つか書きます。
1,身解脱という言葉はどの経典にも見えません。
  似たのに離身解脱はありますが、これは身体を放棄した状態です。
  SRKWブッダ氏は身体をお持ちなのでこれは違う定義のようです。

2,仏教における解脱は、その経験の違いから3つ解かれています。
  信解脱・・・チューラパンタカの解脱がそうです。日本は親鸞
  ヨーガでは、バクティー・ヨーガ
  
  心解脱・・・悟りのこと
  慧解脱・・・三明六通を得て解脱
  具解脱・・・全てを備えた状態
  
  また、慧解脱に至る途中、十遍処とか八勝処という経験を通過します。
  わたしはこれも解脱だと思いますが、釈尊は解脱に加えていません。

3,ヒナヤーナでは七科三十七道品
  大乗では四無量心と六波羅蜜
  タントラでは、ナーローの六ヨーガ、マハームドラーやゾクチェン、グヒヤサマジャ、他にも父タントラ、母タントラを始めとするカーラチャクラ。
  このように多くの成就法があります。
  これを無視して「修行は無意味」とは暴言と申せます。

4,ブッダの定義は沢山ありますが、
  法身
  報身 
  応身の3身を有する。
  
  三明六通を完璧に有する
  現世涅槃の状態をもつ
  その他です。

5,これらに加えて如来は更に十の能力を有します。(意味は省略します)
  如来
  応供
  正等覚または正徧知
  明行足
  善逝
  世間解
  無上士
  調御丈夫
  天人師
  世尊

6,中国禅史の研究で判明していますが、六祖慧能が金剛経の「応無所住而生其心」を聞いて悟りを得たと言うのは、弟子の荷沢神会が創作した嘘です。


7,六祖壇経を読んだ奥様を、如来と呼ぶのはいかがなものでしょう?
  修行無しで得られるのは「悟り」です。
  如来は滅多に現れません。
  
8,サマディーの重要性が説かれていません。


このように見ていくと、SRKWブッダ氏は自分の体験を「公案」による頓悟と、慧解脱を取り違えていらっしゃるように思えてなりません。

このステージならば、オイゲン・ヘリゲルを始めとし、多くの経験者がいます。


慧解脱は初禅から第4禅(サマディー)を経験し、そこから如実知見、遠離、離貪、解脱に入るプロセスを必ず通過します。