自分も含めて誰も悲しませないことが「最善」である

ワン爺の独り言(2017.6.17.)
自分も含めて誰も悲しませないことが「最善」であるということを、このSRKWブッダの理法で初めて知りました。そして納得しました。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou141.htm


(以下引用)

【最善】

行為を為して、(自分自身を含めて)いかなる誰をも悲しませることが無いならば、それが最善である。また、ある行為を為さないことによって、(自分自身を含めて)いかなる誰をも悲しませることが無いならば、それもまた最善である。そしてまた、ある行為を為そうが為すまいが、こだわりなく、結果的に(自分自身を含めて)いかなる誰をも悲しませることが無かったならば、実にそれこそが真の最善なのである。

人が、それぞれの局面に応じ、それぞれ最善の行為を遂げたならば、それによってかれの人生が破滅することは決してあり得ない。けだし、最善はつねに最悪を回避するからである。それゆえに、こころある人は、怖れることなく最善の行為を為し遂げよ。

最善は、それを為し遂げた人に縁のある多く少ない人々に、確かな福徳と大いなる功徳とをもたらすものである。 それゆえに、こころある、聡明な人は、最善についてはこのように理解して、善悪、真偽、正邪、多寡、優劣、深浅、段階、虚実などの一切世間の軛を脱れて為されるこの最善の行為を、他ならぬ自らの行為においてまさしく体現せよ。それが、善なるものの究極なのである。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
「(自分自身を含めて)いかなる誰をも悲しませることが無いならば、それが最善である。」このことを明らかにした如来は、SRKWブッダが初めてだと思います。


~~~~~~お知らせ~~~~~~
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント