欲望を制し導くこと

ワン爺の独り言(2017.6.5.)
「愛し好むものによって欲望は生起する。それゆえに、愛し好むことのない人には、欲望は存在しない。欲望のない人には、愛し好むものは存在しない。」このようにSRKWブッダは教えています。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou130.htm


(以下引用)

【欲望を制し導く】

愛し好むものによって欲望は生起する。それゆえに、愛し好むことのない人には、欲望は存在しない。欲望のない人には、愛し好むものは存在しない。

実に人々は感覚的感受を喜び、また嫌う。人々は、感官の接触によって生じる快と不快とに翻弄されている存在である。人々は、さまざまな欲望の対象物を見ては愛し好みを生じ、また嫌悪を生じる。かかる人々の心はつねに走り回って、安まるときがない。

しかしながら、ここなる人が、世間に浴しさまざまなものを見聞きしても、それらについての我執(我ありという思い)と愛執(我がものという思い)とを離れて、優劣・順逆の念を捨て去り、自己を妄想せず、一切の分別を超えた究極たる「それ」を知ろうと熱望して、その無上のそれの実在を知るならば、その無上のものを知ったことによって、あるいは「それ」を知りつつあることによって、それ以外のもの(=それよりも低く劣るもの)に対する執著を離れ得て、ついに人は欲望を捨て去るに至る。かれはすでに心を安寧ならしめ、安らぎに住しているのである。

こころある人は、この最高のもの(=ニルヴァーナ)をこそ知ろうと欲して、最高ならざるもの(=世俗のもの)への執著を、たとえば銀の職工が汚れを除くように適宜に除き去って離れるべきである。

たとえ些細なことであろうとも、それをそのように為し得たならば、かれは見事に欲望を制し導いたのである。

(以上引用)


※ワン爺のコメント
「愛し好むものによって欲望は生起する。それゆえに、愛し好むことのない人には、欲望は存在しない。欲望のない人には、愛し好むものは存在しない。」このことは知っていました。そのために、欲望を生起させないために、愛し好むことのないように努めましたが、それはできません。この理法が教えることは、「その無上のそれの実在を知るならば、その無上のものを知ったことによって、あるいは『それ』を知りつつあることによって、それ以外のもの(=それよりも低く劣るもの)に対する執著を離れ得て、ついに人は欲望を捨て去るに至る。」ということです。ですから、「それ」を知ろうと熱望することが大切なのです。


~~~~~~お知らせ~~~~~~
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


この記事へのコメント