にわかには信じがたいこと

ワン爺の独り言(2017年8月15日)
「この世には、決して怒ることのない人がいる。」とは決して信じられないことです。しかし、SRKWブッダはそのような人(善知識)がいると断言します。そのような人に出会えたら人生が変わるでしょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou192.htm



(以下引用)


【にわかには信じがたいこと】



この世には、決して怒ることのない人がいる。

この世には、決して人を傷つけることのない人がいる。

この世には、決して人を悲しませることのない人がいる。

この世には、ただ人々に利益(りやく)だけをもたらす人がいる。



これらのことは、にわかには信じがたいことである。しかしながら、これらのことを信じさせてくれる人が時として出現する。その人こそ〈善知識〉と呼ばれる。その人は、言葉によって、振る舞いによって、表情によって、また沈黙によって人々に法(ダルマ)の確かな存在を示すのである。



よく気をつけて世を遍歴する人は、ついにその人(=〈善知識〉)に出会うであろう。それは、稀有なる出会いである。しかし、その出会いを生じたとき人は人智を超えたものを垣間見るのである。



こころある人は、よく気をつけて世を遍歴せよ。人生は、その人との出会いのためにあるようなものだからである。



(以上引用)


*ワン爺のコメント
「決して怒ることのない人がいる。決して人を傷つけることのない人がいる。決して人を悲しませることのない人がいる。ただ人々に利益(りやく)だけをもたらす人がいる。」ということは確かに信じられないことです。

ネットで調べたら、「決して怒らない人がいるか?」という質問に対して、「そんな人はいない。」という回答で、質問者もその回答に納得したようでした。

しかし、物語や小説の中にはこのような人(善知識)が登場します。以前(8月9日)のこのブログ記事にてくてくさんがコメントで紹介してくれました小説「月の影 影の海」の登場人物の「楽俊」などは、このような人(善知識)なのでしょう。

ドラマなどにも、いわゆる知恵遅れと言われる人の中にそのような人が登場しますが、それでもその時、心が洗われます。

私も、この世に、このような人(善知識)がいることが確信できるように、すなわち善知識と出会えるように、よく気をつけて世を遍歴しようと思います。


この記事へのコメント