感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 19偈、20偈

19 この世は水瓶のように脆いものだと知って、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。

20 この世は泡沫(うたかた)のようなものだと知り、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント
今回の19偈と20偈は、昨日引用した17偈と18偈の出だしの言葉「この身体は」が「この世は」に変わったものです。

すなわち、「この世は」は「この身体」と同様に、水瓶や泡沫と同様にはかない本姓のものであるということです。

この世とは、自分の外界と言ってよいでしょうが、それは激しく移り変わり、何も固定した変化しないものはありません。はかないものであることがわかります。それならば、自分の外界を追い求め、それらに執著することはありません。

昨日述べましたように、この世は輪廻の世界であり、悪魔の支配する世界なのです。そのことがわかれば、この世で悪魔の花の矢を断ち切って、解脱して、死王に見られないところ(ニルヴァーナ)に行くだろうということです。


さて、また皆様に、喜ばしいニュースを報告します。
昨日、石法尊者が慧解脱して、石法如来になられたことが判明しました。
次々にSRKWブッダの弟子がブッダになられております。
法津如来、法捗如来、法風如来、石法如来です。
大変めでたいことです。



この記事へのコメント

石法如来
2019年04月11日 11:51
 2年前このブログにお邪魔した時、私は一介の求道者でした。
 法津如来の懇切丁寧な指導を受けSRKWブッダの存在を知り、私は解脱の道を歩むこととなりました。
 私の目的は成就されました。解脱は虚妄ならざるものです。
 多くの人が後に続くことを願っています。
法津如来
2019年04月11日 11:56
石法如来へ、コメントありがとうございました。

このコメントは、多くの修行者の励ましになるでしょう。