感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21C偈

21C 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、迷妄をすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント
今回も21C偈も文の構造は、21A偈と21偈Bと同じですが、テーマが「情欲」、「憎しみ」から「迷妄」に変わっています。

この「迷妄」を理解するために、「スッタニパータ第4章9マーガンディヤ」の841偈の一部を引用します。

(師は答えた、「マーガンディヤよ。あなたは(自分の)教義にもとづいて尋ね求めるものだから、執著したことがらについて迷妄に陥ったのです。)

つまり、自分に執著があるから、迷妄に陥ると述べられています。ちなみにSRKWブッダは迷妄とは、名称(ナーマ)に基づく混乱であり、妄執(渇愛)とは形態(ルーパ)に基づく混乱だと述べておられます。

迷妄をすっかり断ち切ったった修行者は、執著をすっかりなくしているのです。

執著は愛執(我がものという念い)で我執(我ありという念い)です。





この記事へのコメント