#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第25章 友 13偈

13 愚かな者は、生涯賢者たちに仕えても、真理をはっきりと知ることが無い。___匙が汁の味を知ることができないように。

14 聡明な人は瞬時(またたき)のあいだ賢者に仕えても、ただちに真理をはっきりと知る。___舌が汁の味をただちに知るように。

 
(ダンマパダ64 愚かな者は生涯賢者に仕えても、真理を知ることが無い。匙が汁の味を知ることができないように。)

(ダンマパダ65 聡明な人は瞬時(またたき)のあいだ賢者に仕えても、ただちに真理を知る。___舌が汁の味をただちに知るように。)

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント
ダンマパダ64、65については、2009年12月17日に解説しました。参考になるので一部を再掲載します。
https://76263383.at.webry.info/200912/article_17.html

(以下引用)

〇超訳の試み

無知の自覚のない人は
真理を教えてもらっても
教えられたことが頭に入らない
満たされたコップに水を注ぐように

無知の自覚のある人は
真理を教えてもらえば
教えられたことが頭に入る
空のコップに水を注ぐように

〇子供のためのダンマパダ

不注意な子は
先生の話が分からない
聞いてないのだから
しょうがないね

注意深い子は
先生の話がよく分かる
よく聞いているのだから
とうぜんですね

〇一口メモ

 真理を知らない凡夫が本当に愚か者かどうかは、前の63番の詩で述べたように、無知の自覚があるかどうかであります。無知の自覚のない人は知る能力が麻痺しているのです。ですから、賢者、悟った人に真理を教えてもらっても、受け取れない、理解できないのです。その状態はまさに、この詩の例のように、匙はスープの味は分からないのです。また、超訳の例で言えば、汚れた水で満たされたコップのように、きれいな水を注いでも溢れるだけなのです。無知の自覚のない愚か者の頭の中は、間違った固定概念や妄想でいっぱいで、ありのままの正しい情報は頭のなかに入らないのです。一方、無知の自覚のある凡夫は、舌がスープの味が分かるように、真理が分かります。余計な固定概念を捨て、妄想をなくした頭には、真理はすぐに入って行くのです。

 「子供のためのダンマパダ」では、注意力に着目しました。子供は大人と違って、自分は知らないことが多いことを大人より自覚しています。ですから、子供は何でも知りたがります。子供の頭は固定概念や妄想は少ないのです。しかし、子供の場合は何でも知りたがりますから、注意が分散してしまいます。ですから理解できなくなります。学校の例は、子供はよそ見をして、先生の話を聞いていないのです。先生は子供の注意を集中させるような面白い話をする必要があるのですが、子供は先生の話をよく聞くようにしなければいけません。

(以上引用)

愚か者は、真理の言葉(法の句)を聞いても、それが真理とはわからず、解脱できないのです。
一方、聡明な人は、善知識から発せられる真理の言葉(法の句)を聞いて、解脱するのです。