#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第27章 観察 41偈(つづき)

41 (無明に)覆われて凡夫は、諸のつくり出されたものを苦しみであるとは見ないのであるが、その(無明が)あるが故に、すがたをさらに吟味して見るということが起るのである。この(無明が)消失したときには、すがたをさらに吟味して見るということも消滅するのである。                        

                              以上第27章 観察

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

41偈の「つくり出されたもの」の逆のことば「不生 〜作られざるもの」について、前回のブログ記事で紹介しました「覚りの境地(2019改訂版)」に解説がありますので、それも引用させていただきます。

(以下引用)

不生 〜作られざるもの

時としてこの世に不生なるものが出現し、それを覚知する人があるゆえに次の真実が明 らめられる。
『人が不生なるものの真実とその真相を知ったとき、彼の一切の苦悩は終滅する。一切の苦 悩を滅した仏は不生なるものの実在を知る。一切を覚知した仏は生死(=無常、=作られたもの)のあ りさまを知るのである。』
”一切”と名づく縁起の中にあって識別作用に翻弄されている人々にとって、縁起はまさしく実 在のものであると感じられるだろう。しかしながら、不生なるものを識る人(つまりすでに苦が縁起せず、苦の源泉たる識別作用を滅ぼすに至った覚者)は、縁起が作られたも の(=生じたもの)に他ならないことを知っている。そうしてもろもろの仏は、解脱の理法を、す なわち生じたものからの出離を語るのである。
『作られざるもの(=無為)を観じるならば、作られたもの(=有為、=無常)から解脱する。』
これが覚りに向けた修行の本質であり、修行論を示唆するものである。
したがって、縁起を「常住不変の本質」の対義として想定されるものであると考えることそ れ自体は大過ないことである。なんとなれば、(論としては完全ではないが)この考えに従い修 行者が、
『常住不変なるものを求めるのではなく、作られたもの(=有為)からの解脱を願う。』ならは ゙それはまさしくすぐれた考えとなるからである。さて、
『世に出現した不生なるものを知り、その真実の意味を覚知する人があるならば、かれの一 切の苦悩は終滅する。』
先ほどとは一部表現を変えたが、これが解脱の真相である。
ところで、この不生なるものの本質とは何であるか? もしそれを問う人があるならば、 次のように答えなければならない。
『この不生なるものの本質とは、ことに臨んだ局面における一なる答えのことである。そ れを
智慧と呼ぶ。』
すなわち、その答えは時と場所と相手とを選ばないものであり、ことに臨んだその局面 における究極の、唯一の完全な答えである。その答えは、誰であってもその局面に臨んだ ならば究極においてはその答えに到達すると確信されるものである。その答えは、遠い未来 においてもその答えの唯一性が決して損なわれることがないものである。その答えは作ら れたものではなく作られざるものである。すなわち、それは人智を超えたものであると 知られるものである。人を超えた存在たる仏だけがそれをそれだと知ることがで きる。それゆえにこの不生なるものの本質を仏智とも言う。
この世のことがらは、総じて作られたもの(=生じたもの)である。つまり縁起している 。しかしながら、そうでありながら時として作られざるもの(=無為)が世に出現する。 人がその作られざるものを眼のあたりにして、それがまさしく不生なるものであると識 ったならば、かれは智慧を覚知したのである。ことに臨んだその局面はそれを人為的に呼ひ ゙起こすことはできないが、修行者の極近くに出現すると期待され得るものであり、そうでなければ修行者とはならない。
円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)を求める人は、気をつけて遍歴せよ。因縁によって出現する この不生なるものの真相を見てまごうことなき覚りに到達せよ。それを為し遂げたとき、人 は縁起を超克し、作られたものによって生じる一切の苦悩を完全に滅するからである。

(以上引用)



この記事へのコメント