#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第28章 悪 16偈

16 善からぬこと、己れのためにならぬことは、なし易い。ためになること、しかも健全なことは、実に極めてなし難い。 

(ダンマパダ163 善からぬこと、己れのためにならぬことは、なし易い。ためになること、善いことは、実に極めてなし難い。


(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

今回の偈は、自分の心に問いかけてみればわかることです。

暴飲・暴食は良くないとわかっていても、特にお酒のすきな人は暴飲どころか、お酒をやめることはなし難いのです。

また、怒ると人間関係を悪くするとわかっていても、他人を許せず、怒ってしまうのです。これもなし難いのです。

これらは、心に貪欲と怒りと愚かさという煩悩があるからです。