#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 19偈

19 善き人々は遠くにいても輝く、___雪を頂く高山のように。善からぬ人々は近くにいても見えない ___夜陰に放たれた矢のように。

(ダンマパダ304 善き人々は遠くにいても輝く、___雪を頂く高山のように。
善からぬ人々は近くにいても見えない ___夜陰に放たれた矢のように。  

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

19偈とダンマパダ304は同じ内容です。ダンマパダ304について、過去に三回解説しました。
2008年9月22日
http://76263383.at.webry.info/200809/article_22.html

2009年7月31日
http://76263383.at.webry.info/200907/article_33.html

2010年6月9日
https://76263383.at.webry.info/201006/article_9.html

いずれの解説も歯切れのわるいものでした。よくわからなかったからです。この偈はブッダの立場から述べられたものです。

「善き人々は遠くにいても輝く」といっても、凡夫にはわからないことなのです。


この記事へのコメント