#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 43偈

43 愚者のあいだに混(まじ)っている賢者は、物を言わなければその存在が知られない。しかし物を言って、汚れのない境地を説くならば、その存在が知られる。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

愚者のあいだに混じっている本物の賢者は少ない。物を言う自称賢者は多いので、賢者を求める人は注意が必要です。

人気のある賢者は、偽物の場合が多い。人気があるとということは多くの愚者に気にいることを言のです。本物の賢者はあまり人気がない。愚者に気にいるようなことを言わないからです。

それでも、心ある人は本物の賢者を探し出すものです。自慢しているようで書きにくいのですが、このような目立たない、このブログを読んでくださる若者がいて、私に会いに来てくれました。



この記事へのコメント

HK
2019年12月11日 19:16
先日はお話を聞かせてくださり、
ありがとうございました!
法津如来
2019年12月12日 11:22
HKさん、コメントありがとう。

またお会いして、お話ししましょう。