#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第29章 ひと組みずつ 45偈

45 沈黙せる者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。  

(ダンマパダ227 アトゥラよ。これは昔にも言うことであり、いまに始まることでもない。沈黙している者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。)

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

この言葉は、非難されて落ち込んでいる人が覚えておきたい言葉です。

黙っていても非難する人はいます。多く語っても非難する人はいます。少し語っても非難する人はいます。人の非難を気にする必要はありません。

気にする必要はありませんが、その非難を何かの縁だと考えることはできます。世の中には偶然はありませんから、その非難を縁にして、自分の人生を好転させることができるのです。

そうすれば、あの非難がありがたかったと思えるのです。


この記事へのコメント