#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 30偈

30  つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら、心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。

(ダンマパダ290 つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら、心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。)

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

昨日、引用した29偈に「すべての欲望を断ち」と言っても、それはなかなかできることではありません。また、欲望を断つなど、することは嫌だと思う方も多いと思います。

しかし、この30偈では、「つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら」とあります。それならば、やって見ようという気になります。

例えば、ダイエットをしようとする人は、目の前に美味しそうなケーキがあった場合、そのケーキを食べずに我慢することは、将来スリムになって、スマートな自分をイメージすれば、目の前のケーキを食べずに我慢することができるでしょう。

そのように、心清らかな、やさしい自分になりたい人は、いらいらの元になるつまらない快楽(欲望)を捨てることができるでしょう。




この記事へのコメント