#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第30章 楽しみ 40偈、41偈

40 何物ももっていない人々は楽しんでいる。何物ももっていない人々は知慧の徳をもっているからである。見よ! 人々は人々に対して心が縛られ、何物かをもっているために(かえって)悩んでいるのを。

41 何物ももっていない人々は楽しんでいる。何物ももっていない人々は知慧の徳をもっているからである。見よ! 人々は人々に対してかたちが縛られ、何物かをもっているために(かえって)悩んでいるのを。
 
(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

昨日、掲載しました38偈と39偈と同様のことが説かれています。

何物も持っていないのに楽しんでいる人々は、どのような知慧を持っているのでしょうか?

「必要なものは現れる」という知慧を持っているのです。そして、実際にその通りになるので、楽しいのです。
また、持っているもので、悩むことがないので、楽しいのです。持っているものがなければ、形や色が気いらないとか思うことはないし、壊れたとか、無くなったとか悩むことがないのです。



この記事へのコメント