#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第32章 修行僧 42偈、43偈

42 心が煩悩に汚れていないで、実体についての固執を絶ち切った修行僧にとっては、生まれをくり返す輪廻が滅びている。この人は悪魔の絆(きずな)から解き放たれている。

43 心が煩悩に汚れていないで、実体についての固執を絶ち切った修行僧にとっては、生まれをくり返す輪廻が滅びている。今や迷いの生存を再び繰り返すことがない。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

昨日、掲載した40偈、41偈の始めの部分を誤記しましたので、お詫びして訂正いたします。正しい偈の文章は次の通りです。

40 心が永久に静まり、実体についての固執を絶ち切った修行僧にとっては、生まれをくり返す輪廻が滅びている。この人は悪魔の絆(きずな)から解き放たれている。

41 心が永久に静まり、実体についての固執を絶ち切った修行僧にとっては、生まれをくり返す輪廻が滅びている。今や迷いの生存を再び繰り返すことがない。

40偈、41偈と42偈、43偈を比較しますと、はじめの部分「心が永久に静まり、」が「心が煩悩に汚れていないで、」に変わっているのです。それ以下は同文です。

「心が煩悩に汚れていないで、」とは、心が貪欲や怒りや迷いで汚れていないということです。心が煩悩で汚れていなければ、心は静まりますから、これらの煩悩は完全になくなれば、心は永久に静まります。

「実体についての固執を絶ち切った」とは、この世のすべてのものは変化、消滅することを知ったということです。

「生まれをくり返す輪廻」・・・輪廻については、見解の別れるところですが、輪廻とは「生存への執著」(生きていきたいという思い)を意味しますから、「実体についての固執を絶ち切った」修行者は、輪廻から離れているのです。

ということで、「今や迷いの生存を再び繰り返すことがない。」のです。




この記事へのコメント

後藤
2020年04月17日 10:02
おはようございます。

釈尊が輪廻転生とは六道輪廻であると喝破
した以上は、真理は真理として潔く受け止めればいいだけの話だと思います。
エネルギー保存の法則の観点から言っても、妥当性を有すると思います。

後はカーラーマ経にあるように、自ら確かめるスタンスが必要になってきます。
輪廻転生なら、宿命通、天眼通の獲得ですね。

ですから今更、輪廻転生について敢えて見解を分かち、混乱を招く必要はないかと思われます。

如来であれば、真理を始めから見通して知見しているはずですから、新たな見解など今更、打ち立てる必要はないはずです。
如来は正見の成就者ですから、そもそも見解など作らないはずです。

誰にとっても地球が丸いと確かめる事ができるのと同様に、六道輪廻が確かに存在する事を証拠を持って知る事が出来なくても、それは、いた仕方ない事だと思います。

何故なら、仏法の真理は無明に覆われた多くの人々には容易には理解できない深遠な性質を持っているからです。

蟻には高度な人間の文明を理解できないのと似ています。

釈尊が成道後、説法をためらったのはその為です。
後藤
2020年04月17日 10:23
訂正

蟻の喩えを、
まだ年端のいかない子供達が、大人達の創りあげた高度な文明を理解するのは難しいに訂正致します。
後藤
2020年04月17日 10:33
追記

六道輪廻の否定は、釈尊の説いた真理の否定になりますから、取りも直さず、ダンマに対する冒涜になるのではないのでしょうか。
法津如来
2020年04月17日 10:59
後藤さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

釈尊が説かれた真理は、文字で書かれた教条ではないことを理解してください。
後藤
2020年04月17日 14:38
仰る通り、教条主義に陥らないように、よくよく留意する必要があります。

しかし、釈尊亡き後は、ダンマの理解は経典に頼るのが、妥当と言えます。

つまり、経典の文字の意味するところを人間が努力、学習、吟味、理解、納得し、四諦八正道が正見である事を法眼が開けて確信できるまで、精進し心ゆくまで仏道に励む事が肝要だと思います。

後世に付け加えられたであろう、信仰、神秘的な要素等によって仏教の統一的理解に混乱の要素がもたらせれているのは歴史の趨勢上、仕方ありません。

しかし、法眼が開け、択法覚支のある者にとっては、ダンマに関する真偽の腑分けは容易かと思われます。

結果として悟れなければ、その人の機根や精進、善業の不足で致しかた無いと思います。
ですが、懸命に努力したのであれば、清々しい。
来世で、その善業の貯金と共に、再スタートを切ればいいだけの話です。

責任転嫁は成り立たず、全ては自業自得、因縁法則に依ってますから、こんなシンプルで分かりやすい事は、他にはないのではないかと思います。
後藤
2020年04月17日 15:06
追記

後世に付け加えられた信仰、神秘的な要素等とは、当然、六道輪廻の事ではありません。
具体的に言えば、阿弥陀仏信仰や、大日如来、盧遮那仏、曼荼羅と言った何やら神秘的な仏教?的世界観を指します。
四諦八正道においては、一切、言及されていないカテゴリーの事です。
斉木広之
2020年04月17日 22:41
ブッダは解脱を解いてる。

地獄が嫌だから

畜生が嫌だから

天界がいいから

今あれこれする、と考える自体解脱から遠い

ブッダの弟子なら、ブッダの心に従うべきです。

解脱を目指すべきです
斉木広之
2020年04月17日 22:47
生きとし生けるものが幸せでありますように

他でもない

自分が解脱しなければならない

生きとし生けるものが幸せでありますように

自分が解脱しなければならない

生きとし生けるものと言えば、僧侶も、阿羅漢も、如来も、全て幸せでありますように

自分が解脱しなければならないんです

誰のせいにもすることなく

自分が解脱しなければならない
斉木広之
2020年04月17日 22:53
誰のせいにすることなく自分が解脱しなければならない

このことが真に心が至ったなら

ブッダのせいにもしない

僧侶のせいにもしない

法のせいにもしない

何のせいにすることなくなったら

それだけで最終解脱ですよ
斉木広之
2020年04月17日 22:57
何かのせいにする

誰かのせいにする

ならば卑怯者です

恥ずべきことです

そんな恥ずかしい人間だから生まれて来たんです

だから解脱せよ

誰のせいにもするな

何のせいにもするな

それが最終解脱だ🙇 
斉木広之
2020年04月18日 00:22
生きとし生けるものが幸せでありますように。で一切解決です。

一切が含まれたのが

生きとし生けるものです。

一切何のせいにしないどころか

一切の幸せを願うんです

自分を殺そうとするものの幸せも願うんです

生きたいなんて言ってられません

それよりも生きとし生けるものの幸せを願うんです

今ならば

コロナも幸せでありますようにです

生きとし生けるものが幸せでありますように🙇
斉木広之
2020年04月18日 00:31
餓鬼になるのは嫌だ
畜生になるのは嫌だ
地獄の人になるのは嫌だ

なんて絶対思ってはいけない

物凄い差別です。物凄い偏見です。

差別を受けたものは物凄く苦しみます

偏見を受けたものは物凄く苦しみます

そんなことはあってはいけない

親身になって

地獄の人が幸せでありますように

餓鬼のものが幸せでありますように

畜生のものが幸せでありますように

心から願わなければならない

決して何々が嫌だと思ってはならない

傷つけてはならない

これは絶対です
斉木広之
2020年04月18日 00:39
輪廻が嫌だとすら思ってはならない

輪廻してるものもいる

輪廻してる人も幸せでありますように

輪廻してる生命も幸せでありますように

何一つ嫌だと思ってはならない

絶対ならない

ただ「殺さない」

それのみで最終解脱します

殺しに参加しないこと

殺しに加担しないこと

そこに行くと

殺すが消えると食べるも消えるんです

涅槃の境地です
斉木広之
2020年04月18日 00:47
殺しに参加しない

殺されたものを受け取らない

命を奪われたもの

命を盗まれたもの

が捨ててあっても自分のものにしない

それくらい殺しに関わらない

それで最終解脱は起きる

監獄の中で最終解脱は起きる

この世の中で最終解脱は起きる

最終解脱しても

監獄の中なんです

最終解脱しても

この世の中なんです

監獄の中でこの世の中で

監獄の仲間に

この世の仲間に

こうして教えるんです

同じように食べて

同じように殺しの仲間として
斉木広之
2020年04月18日 00:51
殺すな

と教えるんです

即ち

生きてることを正当化できないんです

その者に輪廻があるはずがない
斉木広之
2020年04月18日 00:56
涅槃だけなんです

殺すが消えてるのは

同時に

食べるも消えてます

仲間じゃないんです

殺しの仲間じゃないんです

殺しに関わるものと関わりがない

解脱してるんです

正真正銘解脱してるんです

解脱してるものが

食べるはずがない

食べるなら解脱してないでしょ

自分以外のものと解脱してないでしょ
斉木広之
2020年04月18日 01:04
解脱ってのは、全てのものから解脱してるんです

食べた時点で解脱は終わりです

殺すが消える

殺すものと関わりが消える

食べるも同時に消える

しかし

監獄の中この世の中にいる

仲間になって教えを解きます

殺しから解脱しろ

殺しに参加するな

殺しに加担するな

盗まれた命が捨ててあっても自分のものにするな

それらから解脱せよ

解脱したもの、解脱できるものは

監獄の中この世の中で

殺しの仲間になっても

解脱できる

だから


監獄の仲間に教えればいい
仲間になって教えればいい
斉木広之
2020年04月18日 01:10
食べないから解脱するのではない

解脱するから食べるが消える

正しく間違いない事実です

斉木広之がこの身、この心にて

永遠に変わることない事実として

話しました🙇
斉木広之
2020年04月18日 01:21
斉木広之は殺すことは断じてない

しかし

殺すものに教えるために

その者たちから

奪い殺された命を自分のものとし

生き

その者たちに教える

殺すなと

有難う御座いました🙇

おやすみなさい🙇
斉木広之
2020年04月18日 01:28
迷いの生存がないなら

心から

コロナも幸せでありますように

一切の生きとし生けるものが幸せでありますように

です

コロナが死んでくれ、自分は生きたい気持ちが微塵でも含まれるなら迷いの生存輪廻の人です🙇

おやすみなさい🙇

生きとし生けるものが幸せでありますように🙇