#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第32章 修行僧 55偈

55 そしることもなく、疑うこともなく、この世はすべて虚妄であると知って、修行僧はこなたの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

訳者の注釈によると、「そしることもなく、疑うこともなく、」について、「解読不能。チベット訳・・・に従って訳した。」とあります。

というわけで、何をそしるのか、何を疑うのかわかりませんので、この偈によく似たスッタニパータ9を参考にしてみます。
https://76263383.at.webry.info/201304/article_9.html

「走っても疾(ハヤ)過ぎることなく、また遅れることもなく、「世間における一切のものは虚妄である」と知っている修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。」

55偈を、スッタニパータ9を参考にして、繰り返し読んでみると、「そしることもなく、疑うこともなく、」は、「この世をそしることなく、この世を疑うなくなく、」です。

この世の事実を、そのままに観察すると、「この世はすべて虚妄である」と知るのです。

ちょうど、今世界と日本はコロナウイルスに襲われて、危機的な状況になっています。この状況は確かに苦しいことではありますが、真実が明らかになっています。

この世が価値を置いているものは、すべてどうでもよい虚妄、虚栄であったと知る人が増えています。

「蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。」・・・旧い価値観を捨てて、新しい生き方を求めるということです。



この記事へのコメント

斉木広之🙇
2020年04月22日 07:48
生存への協力は一切の生きとし生けるものが、不平、不満なく、殺し、殺されること。こんな世の中は成り立たない。

不平と不満に満ち、殺し殺されている世の中、それがあって初めて成り立つ生きとし生けるものの生存。

斉木広之は牛であり、豚であり、鶏であり、米であり、水であり、太陽であり、空気であり、生きとし生けるものの一部分であり、心がそれを行ってます。

このことをみても、生きとし生けるものの一部分として、輪廻してます。

一部分なんですが、無常の一部分ですから、固定した一部分の生きとし生けるものではなく、循環の一部分としての生きとし生けるものの一部分です。

解脱は決して今はしてない。

食べて飲んで、生きとし生けるものの循環の一部分として存続してます。

真実はない。疑いようがない事実です

この世に真実がないのが真実

この世に真実がない=涅槃の境地

生存の協力は生きとし生けるものとしての協力は殺し殺されを認めることが生存を認めることこの世を認めることです

生存を認めないなら

この世を認めないなら

「殺すな」です

「最終解脱せよ」です

「涅槃」です

過去の結果が

今の自分です

その今の自分が

未来を作ります

その今の自分を最終解脱しないといけない

その今の瞬間に出逢い現象に出逢い

今の瞬間の自分に起きることに察知が起き

今の瞬間の自分を未来に引き継ぐことを断じる自分が生まれたら

その断じた自分が最終解脱者です

斉木広之🙇
2020年04月22日 07:59
最終解脱ていうのは

これ以上解脱するものがない

という自覚です。

斉木広之は今解脱するべきものはたくさんあります

いくらたくさんあろうが

解脱を知ってますから

1つです。

行わない。

だけのことで

一切を解脱できます

これ以上ない

何もしないことで

何も心に起きるものがなくなったことで

これ以上なにもない

涅槃の境地です

涅槃は

涅槃の境地すらないのが

涅槃
斉木広之🙇
2020年04月22日 08:14
過去の自分の行為の結果が

今の瞬間の自分です

今の瞬間の自分が

過去の自分の行為を引き継ぎます

その今の瞬間の自分を断じる自分が解脱者です

一切そのように行い

これ以上ない

その時貴方は最終解脱者であり

解脱の方法を如実に悟りを自覚した者です。

以前のように生活されても、また解脱できます

何度も確かめたらいい

斉木広之は貴方に優しさで今解くことを成したんだよ

そして優しさで解けることは斉木広之にとって幸せなことです

貴方もこの幸せに出会えますように🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 08:21
10時から新しい会社の面接です。

今度はクリーニングの会社です。

それが終わったら店舗の後片付けですリラクゼーションのベットや内装の後片付け

生きとし生けるものが幸せでありますように🙇です。
斉木広之🙇
2020年04月22日 08:24
過去を断じる自分が解脱者です

新たに初める自分は解脱者ではないが

新たに初めた自分を断じる自分が解脱者になります。

後片付け大切

それが出来る者

人格者
斉木広之🙇
2020年04月22日 09:12
これ以上断じるものがない

なら断じる自分も生まれない

やれ。🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:15
虚妄

について書きます🙇

あの人が私のことを心配してる

そのような思いが自分に現れた場合

100%虚妄です

なぜならそれも自分から発生した思いであって

自分の思いを滅したら必ず

自分を心配してる相手は消えます

一切は自作自演だから虚妄なんです🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:19
こなたの岸を捨て去る

自分の虚妄を捨て去る
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:22
自分の虚妄に対して

そしる必要は現れない虚妄なのだから

虚妄に対して疑いなく虚妄だと分かり切っていたら、虚妄に対してそしる自分は現れない
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:32
この自分があるから

この世があるだけ

この自分がないなら

この世はない

この自分が生まれたから

この世があっただけ

この自分が生まれなかったら

この世はない

この世を認識する当事者である

自分という当事者がこの世に生まれなかったら、認識する当事者自体がいないのだから、この世を認識する当事者がいない

そして認識は対象そのものではなく

認識は認識のみであり

対象そのものではない

認識はあくまでもただの認識です

ただの認識に真実はなにもない

認識の滅に至ればまさに何も残らないんだから

認識自体も虚妄なんです
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:37
認識の滅に至れば何も残らない

このことからして

一切は虚妄と

涅槃後の者は言える🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:49
認識してる対象を

そしったり

疑ったり(なぜ現れたのだろうと疑問に思ったり)

せずに自分自身から現れた虚妄だと

認識する当事者の認識の滅に至ること
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:52
こなたの岸を捨て去る

自分の認識の滅に至る
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:58
気づいたら自然と脱皮してた🙇

蛇の脱皮も最終解脱も同じ🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 16:59
脱皮する

解脱する

意思はない

気づいたら脱皮してた

斉木広之🙇
2020年04月22日 17:06
過去の自分の行為の結果

今の瞬間の自分

今の瞬間の自分は

過去の自分の行為の結果

今の瞬間自分の行為の材料は

結果である過去の自分の行為

今の瞬間の自分が

結果である過去の自分の行為に学ぶ瞬間を垣間見たとき

全てを明らかに見た自分が初めて現れ解脱が脱皮が起きる

気づいたら脱皮していたと知る蛇

気づいたら解脱していた自分がいる
斉木広之🙇
2020年04月22日 17:15
面接

合意に至らない。に至った🙇解決

どんな人に仕える事がいいかな🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 18:59
修行途中の教えのようなので

この偈の解説は

この世を認識保存したものは虚妄

この世の認識保存に意味はない

この世の認識保存を捨て去る

旧い皮を捨て去る蛇のように🙇

までとします🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 20:35
妄想すべてを超越し

憂いと悲泣を乗り越えた

供養に適する諸仏、また

諸弟子を供養する者の

かかる静寂、恐れなき

かれらを供養する者の

功徳は計りえず

これこれなり、というように

https://76263383.at.webry.info/201003/article_31.html

斉木広之は一時生活保護受給者です。

4月21日から仕事してません(給料なし)

生きとし生けるものが幸せでありますように🙇
斉木広之🙇
2020年04月22日 20:50
生きとし生けるものが幸せであられますように🙇

有難う御座いました🙇