#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 59偈

59 紐(ひも)と革帯と、悪い欲求と貪ぼりとを断ち切って、妄執を、根こそぎにえぐり出して、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

この偈は58偈を参考にすると「根こそぎにえぐり出して」の次に、「めざめた人(ブッダ)」が抜けているのかもしれません。

昨日は、過去のブログ記事により、パーリ文注釈に基づいて、紐を怒り、革紐を渇愛のたとえと解釈しましたが、今日は、「ように」を補って、「紐(ひも)と革帯と」を「紐(ひも)と革帯と」のように断ち切りがたいと解釈します。

「悪い欲求」とは、不必要な欲求です。

「貪ぼり」とは、際限なく欲しがることです。

「妄執」とは、盲目的は執著です。自分でも気づくことなく執著しているのです。これは潜在意識の働きによるものです。

潜在意識の働きを、意識的に根こそぎえぐり出すことはできません。ではどうするか?

これは一大事の因縁によって起こるのです。善知識(善友)と遭遇し、「法の句」を聞くことにより起こるのです。これが解脱(覚り)です。

一大事の因縁は、功徳を積むことでできます。ですから、功徳を積むことが修行です。




この記事へのコメント

自分
2020年07月01日 06:55
最終ゲダツ 2013 7 28 ごろでした

今再びそれまでの道程を語ろう

最終ゲダツの1年程前から、山の湯治場で暮らしていた。自殺ではなく、自然死を目指していた。食べたいが消えて自然と息絶える自然死を目指していた。しかし1年間パン1個を欲しくなる、缶コーヒー1個を欲しくなる、自分がどうしても現れる。

今考えていて思い付くのは、私の様子を知っていた、売店のお婆さんに私が心配されていて、必ず毎日お婆さんの食べ物を「私が食べれないから捨てるだけだから、もらってほしい」と言われるから【貰うぐらいなら自分でパン1個、缶コーヒー1個食べて飲もう】という思考が起きていた

お婆さんの優しさ(迷惑)を絶ち切らないと、自然死できないという結論に至った

その後まだまだ道程として起きていて思い出されるが、書くのが今は面倒臭い
自分
2020年07月01日 11:41
お婆さんも困らせず、自分も困らない方法として「食べないパンを1個」買いました。

「パンはあるよ」と誰にでも言える状態。自然死しても「食べ物はあった」状態。誰も悲しませない状態を作りました

その後遂に食べる苦しみからゲダツが起きました

自然死できる状態にいたりそのまま確認の為に湯治場を去り高松駅前をいろいろ歩き見たり嗅いだりしましたが自然死できる状態に変化は起きませんでした

がつまずいたり、立てなくなったりはしました、依然自然死できる状態でした

食べる苦しみが起きません

その後生きることにした機会に出くわしました

書くのが疲れた休みます
自分
2020年07月01日 12:00
機会というのは私に対して要求した人がいた

その要求というのは簡単に読み取れば

「生きとし生けるものが幸せでありますように、生きとし生けるものの為に生きてほしい」という内容に受け取りました

生きとし生けるものが幸せでありますようにの人として生きることにし今現在にいたりますが

自然死できるこの身です

困ることはない

なぜなら

私は何も必要としません

私は何も不足としません

生きとし生けるものが幸せでありますようにの人です

唯一の師はゴータマ・ブッダ
自分
2020年07月01日 15:12
もう少し話を戻して、多分2009か2010頃のはなし

よるか

に至る話

信じられる生きてる師匠の言葉

言葉事態に至れないが

師匠のその言葉には嘘を感じられない

その師匠の言葉によって

よるか

には至る

2013 7 28 の時は

ゴータマ・ブッダの言葉だから最終ゲダツに至ったのではない

誰の言葉でもない言葉によって目覚め最終ゲダツに至った

その言葉はゴータマ・ブッダの言葉だと今は認識できる

当然唯一の師はゴータマ・ブッダ
自分
2020年07月01日 15:30
2013 7 28 以降

生きとし生けるものが幸せでありますようにの人で生きてきた

自分の為は0%で生きてきた

相手の為100%で生きてきた

何人か接してきたが

最終的に敬遠されてきた

しかし、今の彼女は敬遠しない

役にたたせてくれる

だから感謝している

みんな大好きで

みんなの役にたちたい100%でやってきたが

それを受けとめ、役にたたせてくれているのは彼女です

それ以外は敬遠されている

だから彼女に感謝してる
自分
2020年07月01日 15:34
今の彼女以外に、役にたたせてくれる人はいない

自分が役にたとうと思う気持ちを受けとめ感謝してくれるのは彼女だけその彼女に感謝しています

ほかに僕に役にたたせてくれる人はいない

生きとし生けるものが幸せでありますようにの自分をみなは敬遠する
自分
2020年07月01日 18:07
美味い魚が手に入ったぞ、ただでやるから食え。共犯になれ。

絆であり、悪い欲望であり、貪りであり
自分
2020年07月01日 18:11
妄執とは、俺たち二人で生きていこうぜ、無二の仲だよな、後の奴等はどうでもいい。

これで本気で凄い善い心だと思って離れることがない

これが、妄執
自分
2020年07月01日 18:25
悪い欲望とは

恐喝

ブラック企業

脅し

虐待

欲望があって、誰かをいじめて、「パン買ってこい」と命令する欲望

体がいじめっこ

頭がいじめられっこ

これに如実に心が目覚めなたら

いじめっこ、いじめられっこ

の関係性は終わる

自然死だっておきる

ドングリは全て生命力をがあっても

全部が育つわけではない

自然死も多いし

人間に邪魔されることもあるが

ドングリにとったら自然死なんです

バラモンとはそういうこと

動けたりする状態の人間なら木の根が水を求めるようにバラモンは水を求める

欲望ではない

なぜなら怒りは起きないから
自分
2020年07月01日 18:27
ドングリにとったら

人間に迫害は受けない

人間が戦争していても

ありは参加していない

バラモンのようです
自分
2020年07月01日 18:34
妄執を根こそぎえぐりだしたいなら

とにかく

「生きとし生けるものが幸せでありますように」の道を歩み完成させることです

このものネハン出来ます

するかしないかはあるかもしれない

自分はこんなチャンスはないとネハンした

ないがネハン
hal
2020年07月02日 06:28
障り多きに徳多し
という 言葉を 聞いたことがありました。
同じ意で
氷多きに水多し とも。

あのひとも 水 なのだ。 

さっき ふと
そのように うかんだのです。

そして みな が
水 なのであろう と。

そのまま で。


やくにたたなくていい。

いきてるだけでいい。
自分
2020年07月02日 12:21
貴方の考えは分かりました

貴方は役にたたなくていい

さようなら

私は私を必要とするものの為に僅かでも役にたちます
自分
2020年07月02日 12:34
「生きとし生けるものが幸せでありますように」の人にならないと何ものの役にたつこともできない

これが最終ゲダツを起こすし

ネハンにも至る

それを「生きとし生けるものが幸せでありますように」生きとし生けるものが幸せでありますの人、自分が今教えてるんです。
hal
2020年07月02日 18:08
無用の用
自分
2020年07月03日 09:54
戦争してない日本が

戦争放棄を訴える

ないを訴え

ないを楽しむのが

ゴータマ・ブッダの教えなんです
自分
2020年07月03日 09:57
ない、いかりの自分が

ない、いかりを訴える

ないを楽しむ

自分の教えです