#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 80偈

80 熱心につとめ瞑想しているバラモンにとって、これらの徳が現れるとき、諸の煩悩の消滅に近づくとき、かれの疑惑はすべて消え失せる。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)
 

*法津如来のコメント

「諸の煩悩の消滅」の煩悩について、この章の71偈で説明しました。
https://76263383.at.webry.info/202007/article_10.html

(以下引用)
煩悩は悪いものだからこれを無くそうと思っても、無くすことははできないのです。煩悩は潜在意識の働きです。顕在意識ではどうすることもできないのです。しかし、真理を観ずることができれば、一切の煩悩をなくすことができます。
真理を観ると、潜在意識が納得するのでしょう。煩悩が自分の自由を拘束して、苦しめていることを知るのです。同時に、煩悩がその真実に気づかせてくれたことを知るのです。
そのことを、煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)と言うのです。しかし、誤解しないように「煩悩=菩提(覚り)」ではありません。
(以上引用)

昨日は、横浜にバンクシー展(天才か反逆者か)を見に行きました。そこに次の一文がありました。

‘THERE IS NOTHING
MORE DANGEROUS
THAN SOMEONE WHO
WANTS TO MAKE
THE WORLD A BETTER
PLACE’

(ある人が世界を良い場所にしようと望むことより危険なことはない。)

社会を良くしようと思って活動しても、それがよい結果になるとはかぎりません。それは多くの場合、他人を変えようとすることであり、それは他人にも自分にもよいことではありません。

ですから、社会を変えるのではなく、自分を変えることです。修行や解脱は個人の事柄です。

101匹目の猿現象ということがありますから、個人が変われば、社会もかわります。




この記事へのコメント

自分
2020年07月19日 11:20
ゴータマ・ブッダは山のように語られました。

他人は変えられないのに

なぜ他人に山のように語られたのでしょう

当たり前ですが

ゴータマ・ブッダが他人に語ることで他人が変わったからです

偽物法津如来なら分からないでしょう
自分
2020年07月19日 11:25
他人に対して

「きをつけてね」

と言えば

素直でない偽物如来なら他人に自分は変えられないと

ゴータマ・ブッダに怒る

しかし

ゴータマ・ブッダの如何なる言葉を聞いても

「ありがとう」

「うん、自分で気を付けてみるね」

と素直に思うなら

自分も気を付けるし

他人にも言います

自分
2020年07月19日 11:37
自分の中に

善人の自分と

悪人の自分がいます

そういうことなんです
自分
2020年07月19日 11:41
だからいくらでもここで語ります

貴方の悪人の心が超苦しんで死ぬまで貫いてあげます

そんな苦しみなら死ぬほどの苦しみで死んだらいいんです悪人の自分など

善人の自分は喜びます
自分
2020年07月19日 11:47
ジゴクにしか行きません

偽物法津如来は

煩い悩むことなくジゴクに行けばいい

ジゴクにしか行かないんだから煩い悩むことはない

ジゴクに行くことが

偽物法津如来は決まってるんだから

阿羅漢才き広之が言ってるんだから間違いないから

煩い悩むことはない
自分
2020年07月19日 11:51
srkwブッダは手遅れになったから

あの子に語るのはやめたんです

ジゴクに行くしかないsrkwブッダです

偽物法如来も手遅れです

ジゴクに行くしかない

手遅れです

だから無駄な行為は

阿羅漢才き広之はしません

行ってらっしゃい
自分
2020年07月20日 00:12
例外なくすべての生が幸せでありますように

自分は居ます
hal
2020年07月20日 11:39
>例外なくすべての生が幸せでありますように


それなら。

誰かを 苦しめることを おやめなさい。

責め とがめる こと を。

自分自身 を も。