SRKWブッダ著「仏道の真実++」修行(5)

(以下引用)

【修行】(5)

 ● 修行は、時間の無駄や紆余曲折を気にせずに行うべきである。しかし、それが最短の道筋となる。

(以上引用)


*法津如来のコメント

「時間の無駄」とは、良い結果に結びつかなかった時に言われますが、失敗は成功の母(元)なのです。失敗という無駄と思われることがあるからこそ、成功があるのです。時間の無駄(失敗)を気にしては成功はありません。

また、失敗があるからこそ、次のステップがあり、次のステップに挑戦することが楽しいのです。

紆余曲折のない小説やゲームが楽しくないように、時間の無駄や紆余曲折のない修行は楽しくないのです。

そうであるならば、修行において、時間の無駄や紆余曲折を気にすることがおかしいのです。

「それが最短の道筋となる。」は、修行が完成した時にわかることです。




この記事へのコメント