SRKWブッダ著「仏道の真実++」修行(7)




(以下引用)

【修行】(7)

 ● 修行は、誰にでもできるものでなくてはならない。これは、身体に障害がある人でも修行できることを意味している。

(以上引用)


*法津如来のコメント

「修行は、誰にでもできるものでなくてはならない。」・・・これは仏教は平等を説いているからです。

「これは、身体に障害がある人でも修行できることを意味している。」・・・これは仏道修行は精神的なものだからです。

また、特に身体に障害がある人について述べられているのは仏教を学ぶ人々の中に、障害者は覚れないという誤った考え方がある為でしょう。



この記事へのコメント