SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(2)

(以下引用)

【功徳を積むこと】(2)

 ● 功徳を積んでいるときにそのことが意識されることはないが、実際に覚ったときにそれまで充分に功徳を積んだことが覚知される。これは、解脱知見の一つである。たとえば、睡眠中にはしっかりと眠っているなどというような意識はないが、翌朝気持ちよく目覚めたときにぐっすりと眠ったことを知るようなものである。このとき、スッキリと目覚めただけでなく疲労が回復していることも実感されるであろう。解脱知見においても、自分が確かに妄執を滅ぼして目覚めたことを知るだけでなく、覚り以前の重荷を下ろし心身が軽々としていることが実感される。

(以上引用)


*法津如来のコメント

功徳を積むことについての睡眠の比喩は、非常に的確でわかりやすいものです。

確かに、睡眠中はしっかりと眠っているなどの意識はありませんが、翌朝しっかりと眠っていればよく眠ったとわかります。

ただ、寝る前に今日はよく眠れそうだとはわかります。もちろん、眠っている最中はよく眠っているかどうかはわかりませんが。

まわりの人々にやさしく、楽しく、多くの善いことをするならば今日はよく眠れそうだとわかります。

功徳もそのようなところがあります。


この記事へのコメント

自分
2020年09月22日 22:51
功徳、功徳、と才広ははやし立てません。いくら囃し立てそれによって誰かがそれを行おうとも、それはもはや功徳ではないからです
2020年09月22日 22:58
功徳とは、本来から言えば当たり前の行為

逆さまから言えば当たり前のことが出来てないから

当たり前のお釈迦様の言葉が耳にストレートに入らない

お釈迦様に筋を通すと

お釈迦様との道が通じる

お釈迦様の当たり前の理法が

当たり前に自分の理法になる

無理がない

卑怯がない

邪道がない

正当がある

だから才広は功徳などとは言わない

当たり前のことを当たり前にする

お釈迦様に対して
2020年09月22日 23:04
お釈迦様に筋を通そうと思うとお釈迦様の言葉が聞こえる

貴方は誰のお陰で

私の(お釈迦様)の言葉が聞けるのですか?と

全てに対して筋を通すなら

お釈迦様のオッケーが出る

「ならば教えよう」

2020年09月22日 23:11
当時

お釈迦様から直接聞いた人

そして

お釈迦様の言葉を聞ける私達

その間に

物凄い生きとし生けるものが関わっているんです

その全てに筋を通さないと

お釈迦様のオッケーはでない

即ち

全てに対して正当な自分でないと

お釈迦様の言葉は聞けない

かえって言うなら

全てに対して正当な自分に至っていたら

刹那、お釈迦様に触れただけで

如来する修行に入り

間が入らず

最終ゲダツします
2020年09月22日 23:14
このコメントも含め

五つの才広の言葉によって

貴方がお釈迦様との道が通じますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

貴方が最終ゲダツされますように