SRKWブッダ著「仏道の真実++」【公案】(6)

(以下引用)

【公案】(6)

 ● 極めて高度な公案を通過すれば覚ったと言えるのではないか? 

ある人はそのように期待するかも知れない。

しかしながら、この世のどんな公案によっても覚ることはない。

もし、公案によって自分が覚ったなどと思う者があるならば、まさに噴飯ものである。

読者は、決してそのようにはならないようにして欲しい。

本当に覚ったときには、解脱知見を生じる。

それを公案で得ることができないのは明らかである。

(以上引用)


*法津如来のコメント

極めて高度な公案とは具体的には「立ってもいけなければ、坐ってもいけない、感じてもいけなければ、考えてもいけない。死んでもいけなければ、生きてもいけないとしたら、その時どうするか?」というものです。

これは久松真一著作集2「絶対主体道」(理論社)の191ページにありますが、ここには「無数の古則公案があるが、それらは結局この一関に帰するであろう。」と示されています。

これに対する正解を偶然示すことができたとしても、本人がそれが正解だと確信できるでしょうか?

一大事の因縁により、善知識より法の句を聞き、それが法の句であると認知して、解脱知見を得て覚るのです。



この記事へのコメント

才広
2020年11月16日 13:35
極めて難しい考案

と法津如来が書いた

しかし簡単

考案を読み終わった時点で

全てがストップ

したでしょ

それそのものが答え

ゴータマ・ブッダで言えば

壊れた銅鑼
才広
2020年11月16日 13:48
この世は暗黒

生きとし生けるものの戦争

解くことから脱する

解脱

戦争放棄が

戦争を解くことから脱すること

戦争放棄

戦争がないのが天界の境地

天界の境地に涅 槃あり

涅 槃入滅あり

輪廻なし

戦争放棄

戦争がない天界の境地に涅 槃あり

涅 槃入滅あり

才広
2020年11月16日 13:50
解くことから脱する

解脱なんです

争いがあるはずがない

知恵の輪は鉄屑

一円玉はアルミ

ぐらいのもの

それが答え
才広
2020年11月16日 13:59
SRKW如来はヤバイからさ

相手にするだけでヤバイ人だからさ

阿羅漢才広でもこうやって書きたくない

SRkWブッダはもうどうやったって地 獄は免れない悪業を積みすぎている

なのになぜ書くか

たった一人でもSRkWブッダから脱することが出来ますように

なんです
才広
2020年11月16日 14:25
牢屋に入る人は牢屋に入ることが修行なんです

SRKWブッダは地 獄に行くことが修行なんです
既に手遅れ地 獄行きなんです

遍歴修行だと思いSRKWブッダは地 獄に行くがないのです
才広
2020年11月16日 14:28
地 獄に行くSRKWブッダも幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように