SRKWブッダ著「仏道の真実++」【善き談論】◇ 小欲論





(以下引用)

【善き談論】◇ 小欲論

 小欲の人だけが覚るというわけではない。

しかしながら、小欲でなければ覚ることは難しいとは言えよう。

欲望の恐ろしいところは、知らない間に膨らみ、気がつけば自分でも抑制できなくなっていることにある。

このため、欲望は火に譬えられるのである。

欲望を小さいうちに制し導く人は、種々様々な欲望の対象物に心が鷲掴みにされずに済む。

それが修行に専念することに役立つわけである。

また、小欲であることは修行のための修行に陥る愚を防いでくれる。

(以上引用)


*法津如来のコメント

私はダンマパダ290の言葉に導かれて、つまらない欲望を捨ててきました。

その言葉は次の通りです。

「つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら、

心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。」



この記事へのコメント