SRKWブッダ著「仏道の真実++」【善き談論】◇ 不交際論

(以下引用)

【善き談論】 ◇ 不交際論

世人は、互いに何かを与えて交友を結ぶ。

これは世俗的には楽しいことであるが、仏道修行は本来独り歩むものなのである。

そして、このことは他の修行者にとっても同じ筈である。

そこで、修行者は交際することからの正しい離脱を考究しなければならない。

要するに、与えることよりもすぐれていることがあるのだと知らなければならないということである。

(以上引用)


*法津如来のコメント

「与えることよりもすぐれていることがあるのだと知らなければならないということである。」・・・このことの前提があります。

それは、人々は与えられたいと思っているということです。

ですから、与えることがすぐれているというのです。

ですが、この引用文では「与えることよりもすぐれていることがある」のだと言うのです。

それが不交際論の意味です。

もう少しわかりやすく言えば、

「人から愛されたいと思っている人は、先ずあなたが人を愛しなさい」というようなものです。

しかし、それよりもすぐれているものがあるということです。



この記事へのコメント

才広
2020年11月23日 23:19
牛、自分、友達

という関係なら

牛を殺して友達と食べちゃう

だから駄目

生きとし生けるものが幸せでありますように

なら殺せませんよ
才広
2020年11月23日 23:22
如来、如来の弟子、魚

如来の為に弟子が殺された魚を持って行く

なんてあり得ない構図

才広
2020年11月23日 23:32
生きとし生けるものが幸せでありますように

という才広の発言

正しい道を外れた(SRKWブッダ)獣の如き人と心ならずも付き合ってしまうという遠ざけるべきを遠ざける
SRKWブッダの業(発言)
才広
2020年11月23日 23:42
一切の悪を犯さないこと
(一切殺さないように心がけること)

善に至ること
(生きとし生けるものが幸せでありますようにに至ること)

心を清めること
生きとし生けるものから解脱し涅 槃する事

他人を害する人は出家者ではない

から

自分の為に生きとし生けるものを殺さないこと

他人を悩ます人は道の人ではない

自分の為に殺された生きとし生けるものを要求しないこと
才広
2020年11月23日 23:49
他人を害する人は出家者ではない

自分の為に生きとし生けるものを他人に殺させないこと

他人を悩ます人は道の人ではない

自分の為に殺された生きとし生けるものを要求しないこと

そのように思わす表現をしないこと

生きとし生けるものを食べて

公然と

美味しい、楽しい、と表現しないこと

生きとし生けるものを慈しむこと

これが如来なり
才広
2020年11月24日 00:00
牛、Aさん、Aさんの友達(SRKWブッダ)

ならば

Aさんが友達が飢え死にしそうなら

牛を殺して友達に食べさしたり

牛を殺して友達と自分も食べたり

しかし

牛と自分だけなら

自分が飢え死にしそうでも

牛を殺して食えば一人ぼっち

牛を殺さなければ

心も病まないし

牛の心も病まない
才広
2020年11月24日 00:03
才広にも二年以上の友達がいる

才広がいないと飢え死にする友達がいる

問題ない
才広
2020年11月24日 00:08
才広がいないと飢え死にする友達は

生きとし生けるものが幸せでありますようにの人だから

生かします

生きとし生けるものが幸せでありますように

生かします
2020年11月24日 11:15
才広

あなたは
とらわれ続けている
ただ の 人
才広
2020年11月24日 21:21
生きとし生けるものが幸せでありますように