「無分別智(その20)」

SRKWブッダのホームページの理法「無分別智」」の引用、その20。
http://srkw-buddha.main.jp/rihou029.htm


[こだわってはならない]

無分別智は、何かにこだわることによって得られるものではありません。 

無分別智は、何ものにもこだわらないところから出てくるものであるからです。 

しかしながら、意識的にこだわりを捨て去ることによって、そのことによって直接的に得られるものではありません。 

それは、まったくこだわりに他ならないからです。 

無分別智は、それにこだわりをもっていて、しかもそのこだわりを捨て去ったところに顕れ出るものであると(知る人は、それを目撃した人は)知るからです。


*法津如来のコメント

無分別智には興味のない方も、般若心経という名前を聞いたことがあり、般若とは何だろうと思った方はおられると思います。

般若とは無分別智の別名なのです。

さて、「こだわってはならない」も少しややこしいです。

まず、無分別智は、何かにこだわることによって得られるものではないのです。

それで、修行者はこだわりを捨てようとします。

しかし、こだわりを捨てることは難しいことです。

こだわりというのはその人の価値観と結びついているからです。

今までの自分の価値観を捨てることは難しいのです。

さらに、自覚しているこだわりもありますが、無自覚の自分のこだわりがあります。

無自覚の自分のこだわりに気づけなければ、そのこだわりを捨てることはできません。

無自覚の自分のこだわりに気づくのは難しいのです。

さらにまた、こだわりを捨てようとすることもこだわりだと述べられています。

最後に「無分別智は、それにこだわりをもっていて、しかもそのこだわりを捨て去ったところに顕れ出るものであると(知る人は、それを目撃した人は)知るからです。」と述べられています。

つまりそれは、「覚ろうと思っても悟れないが、覚ろうと思わなければ覚れない」ということです。


この記事へのコメント

才木広之
2021年03月31日 06:21
怒り

が生まれるなら

こだわりがそこにある
才木広之
2021年03月31日 07:10
しかし

こだわっていい自我はあります。

相手が幸せでありますように、

自分は存在します。

とこだわるべきです。

そこに怒りはありません。

怒りはありませんがこだわりはありす。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
才木広之
2021年03月31日 07:15
自分にとって自分はない。

しかし

相手にとって自分はある。

「おーい才木広之」と相手から呼ばれます。

その時「貴方が幸せでありますように才木広之はあります」

という態度です。

そのこだわりは必要。

生きとし生けるものが幸せでありますように

自分はありますと。
2021年03月31日 08:08
あなたが しあわせでありますように
才木広之
2021年03月31日 09:11
こだわるべき事にこだわれば

いらぬこだわりは消える

生きとし生けるものが幸せでありますように

こだわれば

いらぬこだわりは消える。