時間を守ることにこだわること

こだわりについて、考えていて思い出したことがあります。

私がテーラワーダ仏教の比丘(僧侶)であった時の話の話です。

比丘はウポーサタ(布薩)というものを行います。満月の日に、ですから月に一回、地域の比丘たちが戒壇に集まって懺悔の儀式を行うのです。内容は重要な戒律と経典の読み合わせです。

ある時、ウポーサタに参加するためにスリランカ人の後輩の比丘と住んでいる寺から2時間ほど離れた東京八王子にある戒壇に出かけました。

特急電車に乗ってしばらくして腹痛になりました。トイレに行きたくなったのです。途中下車をすると、30分ほど遅刻します。どうしても我慢できなくて、後輩には先に行ってもらって私は途中下車をしました。

私は遅刻することにひどく悩みながら、戒壇に駆けつけました。

しかし、どうでしょう。まだウポーサタはまだ始まっておらず、私より遅れているスリランカの比丘たちもいたのです。私の悩みは何だったのでしょうか。

その時、私は考えました。自分が悩んでいたのは、私が勝手に時間は守らなければいけないと考えて、勝手に悩んでいたんだと。他の人たちはそんなこと何にも気にしていなかったのだと。

また、そうかと思いました。多くの悩みは自分がこうしていけない、ああしてはいけないと勝手に思い込んで、悩んでいるのだと。多くの悩みは自分の一人芝居なのだと。

心配することはないのだ。大丈夫だ。

一つ注釈をしますと、日本人は時間を守ることにこだわりすぎています。スリランカ人は集合時間があると、その時間に家をでます。時間はほとんど気にしません。ですから、他人が遅れることもあまり責めません。もっとも、最近は日本にきているスリランカ人は日本人の影響で時間を守るようになっているようです。

最近の日本では、マスクをかけることを守らなければいけないと思いすぎていて、あらそいまで起こしていることはどんなものでしょうか。

この記事へのコメント

才木広之
2021年05月08日 07:47
ポイントは、

自分が他人との和合した約束はやらなければならない。

しかし

自分が他人と和合してなく、約束してない事はやってもならなくてもどっちでもいい。
才木広之
2021年05月08日 07:55
ダンマパダ50

他人の過ぎた失敗を見るなかれ

他人が自分と和合した事を、したか?しなかったか?見る必要はない。

自分が他人と和合した事を、したか?しなかったか?見よ
才木広之
2021年05月08日 08:15
ダンマパダ204

和合を守る健康な心は最高の利得であり

其れに満足するは最上の自分の宝であり

其れ故の信頼は最高のステイタスであり

其れ等が完成する時のニルヴァーナは最上の楽しみである
才木広之
2021年05月08日 08:22
生きとし生けるものを私は殺さないよ。この和合が完成された時

ニルヴァーナなんです
才木広之
2021年05月08日 08:47
貴殿方は

輪廻のなかで最上に馴染んだ人々と言えます

輪廻が嫌だとか、輪廻したいとか、がなくなり

輪廻と同調した人々です。

凡夫の最上の悟りに達した人々です。

即ち輪廻からは解脱してませんから

輪廻する人々です。
才木広之
2021年05月08日 15:22
マスクについては、

ダンマパダ256~257

荒々しく事柄を処理するからとて、公正な人ではない。賢明で在って、義と不義との両者を見極める人、

粗暴になる事無く、決まりに従って、公正な仕方で他人を導く人は、正義を守る人であり、道を実践する人であり、聡明な人であると言われる。
才木広之
2021年05月08日 15:37
マスクについては、

ダンマパダ268~269

只沈黙しているからとて、愚かに迷い無智なる人が<聖者>なのでは無い。秤を手に持って居るように、いみじきものを取り諸々の悪を除く賢者こそ<聖者>なので在る。彼は其の故に聖者なので在る。此の世に在って善悪の両者を(秤に掛けて計るように)善く考える人こそ<聖者>と呼ばれる。