六祖壇経と涼風尊者(今は法風如来)の縁

六祖壇経と言えば、SRKWブッダの奥さんである涼風尊者の身解脱の経緯について、昨日と同様に「覚りの境地(2019改訂版)」(p190~p195)から引用します。

(以下引用)

涼風尊者 (2011年当時の呼称) は、私 (SRKW ブッダ) の細君である。彼女は、私が 覚って仏になった後も仏教など特に興味などない女性だった。ただ、自分の夫が仏だと 名乗るので、いわば面白半分にこの10年余り付き合ってきただけである。そんな彼女 が仏教に興味を抱いたのは、先に記した kassii 長老の心解脱の報を聞いてからだと言う。 そして彼女はその後の2ヶ月余りで形態 (rupa) レベルの解脱を得た。すなわち、識別作 用の滅を果たしたのである。その経緯を述べよう。なお、その数年後、彼女はさらに慧解 脱を果たして仏(現在は法風如来と称している)となったが、その経緯については本書で は割愛する。

さて、kassii 長老が「一円の公案」を通過して心解脱を果たしたのは2011年5月2 8日のことであった。その報を私から直接聞いた細君は、一種のおどろきを感じたと言 う。kassii 長老は心解脱前に二度ほど我が家を訪れており、当然細君も面識があった。そ の面識がある彼が世に滅多に現れない心解脱者となったという報を聞いて、心が震えたら しい。そして、細君は自分も修行すれば心解脱くらいは達成出来るのではないかと思っ たと言う。

しかし、細君が実際に取り組んでみると私 (=SRKW ブッダ) のホームページ『覚りの 境地』を見ても内容が難しくて理解できず、かと言って釈尊の原始仏典は読む気がしな かったらしい。そんな彼女の頭をよぎったのは六祖壇経であったそうだ。

六祖壇経は、私 がそれを読んでいて覚った経緯があるその経典であり、読めば覚れるという可能性を感 じたと言う。また、慧能は文字が読めないのに仏になった人だと伝えられているが、そん な人でも仏になったのだから自分もできるのではないかと思ったと言う。単純に、慧能 になぜか親しみを感じたとも言う。ところが、我が家にかつてあった六祖壇経はすでに 他の人に差し上げていて手元には無かった。したがって、読もうにも読むことができな いと知って細君は途方に暮れたそうだ。

そんなとき、その当の六祖壇経が我が家に戻ってきた。差し上げていた人が、自分には 不要だからと添え書きして約一年ぶりに送り返して来たのだ。それが同年の6月10日 のこと。細君は読みたかった経典を手に入れてめずらしく真剣に読んでいたことを私も 憶えている。と言っても、彼女は寝る前に15分ほど経典に目を通し、眠くなったらその まま床に入るというやり方であった。

そんなことを続けていた7月20日、すなわち六祖壇経を読み始めてから6週間ほど 経った日、細君は珍しく昼間に六祖壇経を読み始めた。するとしばらくして寝室の窓か ら涼しい風が吹いてきて、一瞬に心が晴れたと言う。住んでいる住宅の前を通過する新 幹線のけたたましい音がなぜか急に気に障らなくなったと言う。これが彼女に起きた形 態 (rupa) の解脱の瞬間であったようだ。
細君は、そのことをその当日には言わず次の日の朝になってから私に告げた。一定の 境地を得たことをしばらく様子をみて確認したかったらしい。そして彼女は言った。
『新幹線の音が昨日から静かだけど、そうなの?』
私には新幹線が走る音に前日以前との違いは見いだせなかった。これはどういうこと か。つまり、細君は新幹線の音に煩うことが無くなっていたのである。

さらに彼女が言う。『珈琲の味がおかしい。唯の苦いお湯にしか感じない。』これもま た識別作用が滅したことを示していた。そしてついには『干物を焼いた臭いが臭くない』 と言い出した。私はこれを聞いて細君は識別作用が滅したのかも知れないと思った。す なわち形態 (rupa) レベルでの解脱を果たしていると直感した。その後数日間チェックし たが、細君の解脱は間違いなさそうだとの結論に達した。そして尊者を認定した。呼称 は、解脱時の経緯を勘案して” 涼風尊者” と名付けた。あの日から数年経過した時点でも 細君の識別作用は滅したままであった。

さて、細君に何が起きたのだろう。一言で言えば名称 (nama) の解脱を飛び越えて形態 (rupa) の解脱を果たしたということである。つまり、心解脱無しに一足飛びに識別作用 の滅を達成したことになる。ただし、これは智慧の解脱ではない。解脱に際して善知識 を見ていないからである。しかし形態 (rupa) レベルで解脱を果たせば阿羅漢果を達成し たと認めなければならない。

こんなことが現実に起こるとは予想していなかったが、実際に起きたことである。し かも、女性が形態 (rupa) レベルでいきなり解脱するなどあり得ないことだとそれまで考 えていた。しかし、事実を曲げることはできない。つまり、女性も男性と何ら変わりなく 阿羅漢になれることが実証されたということである。多くの女性にとって、これは朗報 となるだろう。細君が行った修行は、次のように要約できよう。

1 知人が心解脱したことを聞いて、発心した。
2 縁のある経典 (六祖壇経) が、まるで魔法を使ったかのように手元に戻ってきた。 3 縁のある経典を、寝転びつつ読んだ。 4 ある日、突然に涼しい風が吹いて、形態 (rupa) が解脱した。
まるでふざけた言い方だが、一言で言えばこうなるだろう。

~果報は寝て待て
細君が解脱する以前、いつどのように功徳を積んだのかを思い出すことはできない。し かしながら、功徳を積んでいたので阿羅漢果を果たしたことは間違いない。思うに、私 (=SRKW ブッダ) という如来の傍に9年間以上居て決して仏教を蔑ろにしなかった。そ れが功徳を積むことに繋がったのかも知れない。

(以上引用)

以上でありますが、引用文中の kassii 長老については、ご存知ない方もおられるでしょうから、明日のブログで紹介いたします。


この記事へのコメント

才木広之
2021年05月03日 12:17
此所の界隈はやっぱり

集団マインドコントロール

集団催眠

集団トランス

状態だね。

最終解脱・一切解脱

してない。
2021年05月03日 17:15
己の 道筋しか 認められない
慢心 と 愚かさ。 
才木広之
2021年05月04日 14:08
貴殿方を認める認めない

のではない

未だ、ゴールしてない貴殿方は

途中。

才木広之
2021年05月04日 14:48
ゴータマ・ブッダは広汎性発達障害者才木広之の唯一の師です。
2021年05月04日 15:33
ゴールした

という

妄想の只中。


己の 卑小をこそ 知るべし。
才木広之
2021年05月04日 15:57
山頂には最早登る道無し

貴殿方には未だ登る道あり
才木広之
2021年05月04日 16:04
自己の事を他人が知る術無し。

自己の事は自己にしか知れない

広汎性発達障害者才木広之に

これ以上歩む道無し。

これ以上何処を探しても

広汎性発達障害者才木広之に未だ残された道は無し。

これ以上無い所に広汎性発達障害者才木広之は居ます。

しかし貴殿方は道半ばである
才木広之
2021年05月04日 16:07
広汎性発達障害者才木広之は、

貴殿方に対して確実な事を書いてます

貴殿方は道半ばである。
才木広之
2021年05月04日 16:16
嘘を付けば地獄に堕ちる。

嘘を付いた者は地獄に堕ちる。

只其れ丈です。

広汎性発達障害者才木広之は

嘘は付けません。

只其れ丈です。
2021年05月04日 16:19
大海に

溶け入る者

もはや 名も無し。


山頂に住まう者に用も無し。
才木広之
2021年05月04日 17:08
道半ばの者に

道の達成者広汎性発達障害者才木広之は

達成への道を教える
才木広之
2021年05月04日 17:11
暗闇を歩く貴殿方の

灯台が広汎性発達障害者才木広之である。
才木広之
2021年05月04日 17:14
暗闇を歩く貴殿方の

道先を照らす灯台月明かりが

広汎性発達障害者才木広之です