石法如来の特別寄稿:「輪廻」という幻(イメージ)その1

仏教思想を学ぶ上で、「輪廻」という言葉がよく出て参ります。命(いのち)ある存在は、業(カルマ)に基づき限りなく生と死とを繰り返すというインドの思想がその根底にあり、仏教にもその教義が取り入れられているからです。

また、同じ仏教思想に出てくる「因縁」という言葉を考えた場合、たしかに輪廻という思想を考慮に入れた方が、より容易に理解出来るのは事実です。

私自身、阿含宗に入会し最初は自分自身の能力アップを目指していたのですが、のちに管長である桐山靖雄氏の提唱する「因縁解脱」の方向に舵を切ったことは間違いありません。

本来仏教が目指すものは「覚り」であり、覚りを得たなら「解脱」を達成出来る=「覚り=解脱」と表現されるものですが、桐山氏の説く因縁解脱とは誰もが理解しやすいよう「因縁から解脱する=因縁解脱」という表現法を用いておりました。

因縁とは、ある意味曖昧さのある難しい言葉ですが、そこでは先祖から受け継いだものと前世から受け継いだもの、の二方向を想定して阿含宗では教えを説いていました。
普通に考えたら、今生きている自分という存在は先祖から影響を受けているという事実は疑いようもありません。しかし桐山氏は、先祖から受け継いだ影響を縦軸の線と考え、更にもう一方横軸の線を想定し説いたのです。

その横軸の線こそ、過去世から現世・未来世へと永遠に続くいわゆる「輪廻」であるとし、この縦線(先祖からの影響力)と横線(輪廻による影響力)の交点に「自分」というものが存在すると説いたのですが、なかなか面白い説です。

私自身、阿含宗において因縁解脱を目標として修業し、当然輪廻からの脱却(解脱)を目指していたことは言うまでもありません。
ここでは、実際に輪廻が実在するか否かが問題なのでは無く、輪廻の実在を信じればこそ因縁の実在をも信じられ、そこから解脱することも考え得るということです。

その根底にあるのは、古来から伝えられる悪因苦果・善因善果の教えです。現世における苦しみは、前世以前に悪い行い(悪業)を積み重ねたが故に結果として現れている。その苦しみを解決するには、善業を積み重ねて悪因縁から脱するより他に方法はない・・・という教えです。

輪廻を脱するために、「覚り」を得たいと痛切に感じて修業に専念しましたが、真の「覚り」とは輪廻からの解脱では無く、輪廻は関係ないと知ったのは師(SRKWブッダ)に出合い、真の教えを聞いた後のことでした。

この世において、「覚り」と覚りに至るための修業と輪廻はまるで関係がない。その事実を耳にしてただ驚くばかりですが、私はそれまで一体何を観てきたのでしょう?
それは、「輪廻」という幻(イメージ)であったのだと振り返ります。実在しないものを、さも実在するかのように経典で学び教えられ、自分なりのイメージを作り上げた。しかし、それは教義上も修業上もたいそう都合の良い幻(イメージ)であったことは間違いありません。

表題に用いた、「幻(まぼろし)」とは、「実在しないのに、あるように見えるもの。」であり、「イメージ」とは、「心に思い浮かべる像や情景。」という意味があり、その二つは輪廻というものの不確実性を表すにはぴったりの表現法として使用しました。

学んでみれば、現代では「釈尊の学説は輪廻の存在を否定するものである」という主張が近代仏教学の学者間で議論されているようで、現代日本の仏教者・僧侶・仏教研究者の中には、「釈尊は輪廻の存在を否定した」とする主張が少なくないようです。

ネットで色々調べていて、身延山大学仏教学部教授の望月海慧(もちづきかいえ)氏が書かれた「ブッダは輪廻思想を認めたのか」という文書を見つけました。


*法津如来のコメント

本日2回目のブログ更新です。

石法如来から、また新たなテーマで寄稿して頂きました。
輪廻について、新しい視点から解説して頂きました。
6回に分けて寄稿して頂けるとのことです。

この記事へのコメント

才木広之
2021年05月04日 14:20
汚らわしい本日の話の内容でありました。
才木広之
2021年05月04日 14:45
石法如来の不安シンドロームの逆さまのブッダシンドロームが此の界隈で起きている         
才木広之
2021年05月05日 00:12
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ320

戦場の象が、射られた矢に当たっても堪え忍ぶように、我は人の謗りを忍ぼう。多くの人は実に性質(たち)が悪いからである。
才木広之
2021年05月05日 00:17
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ321

馴らされた象は、戦場にも連れて行かれ、王の乗り物ともなる。世の謗りを忍び、自らを治めた者は、人々の中に在って最上の者である。
才木広之
2021年05月05日 00:41
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ322

馴らされた駿馬は善い。インダス川の畔の血統善き馬も善い。クンジャラと言う名の大きな象も善い。しかし自己(おのれ)を調えた人は其れ等依りも優れている。
2021年05月05日 11:55
聖賢の言葉を

虚しい 己を 飾り立てる 如く
どれほど
引用したとて

その 真意の 理解なくば

自ら 清まる事も 無し。
才木広之
2021年05月05日 14:31
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ77

(他人を)訓戒せよ。教え諭せ。宜しくない事から(他人を)遠ざけよ。そうすれば、其の人は善人に愛せられ、悪人からは疎まれる。
才木広之
2021年05月05日 14:47
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ354

教えを説いて与える事は全ての贈与に勝り、教えの妙味全ての味に勝り、教えを受ける楽しみは全ての楽しみに勝る。妄執を滅ぼす事は全ての苦しみに打ち勝つ。
才木広之
2021年05月05日 15:07
ゴータマ・ブッダのことば

スッタニパータ92

(師は答えた)、「栄える人を識別する事は易く、破滅を識別する事も易い。理法を愛する人は栄え、理法を嫌う人は敗れる。」
才木広之
2021年05月05日 17:10
ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ392

正しく覚った人(=ブッダ)の説かれた教えを、はっきりと如何なる人から学び得たのであろうとも、其の人を恭しく敬礼せよ。バラモンが祭の火を恭しく尊ぶように。
2021年05月05日 18:50
法句経(ダンマパダ)

73、愚かな者は、実にそぐわぬ虚しい尊敬を得ようと願うであろう。修行僧らのあいだでは上位を得ようとし、僧房にあっては権勢を得ようとし、他人の家に行っては供養を得ようと願うであろう。

74、「これは、わたしのしたことである。在家の人々も出家した修行者たちも、ともにこのことを知れよ。およそなすべきこととなすべからざることとについては、私の意に従え」____愚かな者はこのように思う。こうして欲求と高慢(たかぶり)とがたかまる。
才木広之
2021年05月06日 00:56
最後の身体を保つ、

大いなる智慧在る人

バラモン才木広之より

生きとし生けるものへ法施


ゴータマ・ブッダのことば

真理のことば

法句経

ダンマパダ351~352

悟りの究極に達し、恐れる事無く、無欲で、煩いの無い人は、生存の矢を断ち切った。此れが最後の身体である。

愛欲を離れ、執著無く、諸々の語義に通じ文章と其の脈絡を知るならば、其の人は最後の身体を保つ者であり、「大いなる智慧在る人」と呼ばれる