意外なところの、意外なものが人間の精神に大きな影響をあたる

意外なところの、意外なものが人間の精神に大きな影響をあたえています。

それは腸内に存在する細菌群なのです。

それらは腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれて、総数100兆個、約1.5Kgあると言われています。

それらは、その機能から大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3つに分類されています。

これらの理想的なバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割です。

日和見菌は優勢な方に味方するので、善玉菌が多ければ腸内は健康な状態をたもちます。

逆に、悪玉菌が多ければ、腸内は不健康な状態になるのです。

腸内フローラが人間の精神に影響をおよぼす理由は、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの9割が腸管で作られるからなのです。

セロトニンは、興奮物質であるノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、目覚めをよくしたり、やる気を起こさせたり、幸福感を与えるホルモンなのです。このホルモンは腸内が健康な状態の時に作られるのです。

すなわち、腸内環境がよい(善玉菌が多い)ときは、精神が安定するのです。

ではどうすれば、腸内環境が良くなるのでしょうか?

これは、知識がなければできません。

無知であれば、腸内細菌をコントロールすべがないからです。

今では科学的な研究で、多くのことが明らかになっていますので、自分で調べれば腸内細菌をコントロールすることができます。

簡単に結論を言えば、食べるものをコントロールすることです。

これは、腸内細菌のエサをコントロールすることになるのです。

善玉菌の好きな食事を取れば善玉菌が増えて、悪玉菌が好きな食事をすれば悪玉菌が増えるというわけです。

つまり、食生活を整えることは、修行になるということです。

今回のこの文章は主に、医学博士 江田クリニック院長 日本消化学会専門医 江田証 著「あたらしい腸の教科書 健康なからだは、すべて腸から始まる」という本を参考にして書きました。

年配者には、順天堂大学教授 白澤卓二 著「脳の老化を止める ココナッツオイル健康法」という本も参考になります。