ブログのタイトルを変更しました。

昨日、このブログのタイトルを「法津(のりつ)如来の独り言」から「自称『法津(のりつ)如来』のブログ」に変更しました。

変更理由は、ブログのトップページのブログ紹介に次のように付け加えました。
2021年7月26日、ある方のブログ記事を拝見しヒントを得て、ブログ名を、自称「法津(のりつ)如来」のブログに変更しました。自称であれば、如来と名乗ることに抵抗のある方も納得していただけるでしょう。(2021.7.26)

自称ならば、この人は自分では如来になったと思ってくれるでしょう。

極端な言い方をすれば、その人がどのように名乗ろうとその人の自由ですから。

以前(2021年2月17日)に、「なぜ法津如来と名乗るのか?」という記事を書きました。
https://76263383.at.webry.info/202102/article_19.html

しかし、事情を詳しく知らない方には、特に「如来」と名乗ることに違和感を持たれるでしょう。

また、そのように名乗る人のいうことを受け入れがたいということもあります。

確かに、私も他人に自己紹介するときは、法津如来とは言いません。本名をいいます。

また、自分のブログを紹介するときは、「法津(のりつ)如来の独り言」とはすこし言いにくかったのです。

如来はブッダということであり、覚った人という意味です。

これは、解脱知見を得て、自分で解脱したと確信したものです。他の人(例えば師匠等)から認めてもらったから、如来(ブッダ)になったというものではありません。

自分は解脱したのかな等と思って、他人に認めてもらいたいと思っている人は覚ってはいません。