新刊:「覚りの因縁」

SRKWブッダが、この度「覚りの境地」、「ブッダの世界観」、「仏道の真実++」に続いて新たに「覚りの因縁」を上梓されました。

ご本人の内容の紹介は次の通りです。
http://srkw-buddha.main.jp/sinnkann4.htm

(以下引用)

仏教について詳しく知らない人でも、仏教が目指す境地が苦しみからの解放であることは聞いたことがあるであろう。これを覚りの境地とか、解脱した境地とか、ある いはニルヴァーナと呼んでいる。それは、苦悩や憂いがまったくない境地であり、静かで安らかな状態が確立されると説かれるものである。要するに、ニルヴァーナは人 の究極のしあわせの境地であると言えば分かり易いかも知れない。

 さて、この世にはこのような素晴らしい境地があり、しかも誰もが至り得ると聞けば、実際にこの覚りを目指そうと思う人もあるであろう。

 ただ、ここで言っておかなければならないことがある。それは、誰もが覚るために必要となる基本的な要素を持っているのは確かであるが、だからと言って誰でも必ず 覚ることができるとは限らないということである。つまり、覚りは自然的に起こるできごとではないと理解しなければならない。

 もちろん、最初から修行する気がなければ覚りは生じないことや、あるいは間違った修行に勤しんでも覚りには達しないであろうことは読者にも合点が行くであろう。 問題は、たとえ正しい修行に勤しんだとしてもついに覚ることがない人も出てくるという事実である。その一方で、まるで修行など行ったように見えないのに覚る人もあ る。

 ところで、修行を始める前から誰が覚り、誰が覚らないか予め決まっているわけではない。つまり、修行する前から覚りの可否を予見することはできないということで ある。逆に言えば、正しい修行に勤しめば誰もが覚ることが出来ると期待され得ると言うことでもある。したがって、覚りを目指す人は、自分が覚ることができると信じ て修行に勤しむべきであるとは言えよう。

 読者はすでに混乱しているかも知れない。何かの目標を達成する場合、具体的な方法や手順が存在し、それを履修することによってそれを果たすことができると通常は 期待されるからである。しかし、覚りはそのようにして達成される性質のものではない。何となれば、覚りは不可思議なる因縁にもとづいて起こることがらであると知ら れるからである。

 では、この覚りの因縁とは何か?
 本書は、この覚りの因縁について述べたものである。

(以上引用)


*法津如来のコメント

この本の購入については、上記URLから案内を参照して下さい。