経典や良い文章の音読

昨日からの流れで言うと、

「ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ

ソラニモロケセ ユヱヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ」

の説明をすることになるのですが、

多くのその前提になる基礎知識が必要になりますので、それはやめます。

興味のある方はネットで調べてください。

結構いろいろ書いてあります。

これは、とりあえず唱えればよいのです。

日本語の48音+カタカムナ5音でできています。

私は朝のラジオ体操の後、風呂にはいるんですが、湯船で般若心経とこのカタカムナを唱えます。

約3分です。時間調整です。

老人はあまり声を出さなくなりますので、喉の体操すなわち発声訓練の意味もあります。

この訓練のおかげで、声は若いと言われます。

電話で初めて話す方には、77歳と思われないと言われます。

それはともかく、お経や良い文章の音読は多くの功徳があります。

私が、解脱知見を得る至った過程に置いては、金剛般若経を毎日音読していたことと関係があると思っています。

毎朝45分かけて始めから終わりまで読んでいました。

修行は人それぞれですが、一つの参考としてください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント