「幸福の哲学(原始仏教) 第一話 あっちゃんとの対談」

今日は、「幸福の哲学(原始仏教) 第一話 あっちゃんとの対談」というYouTubeの動画を紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=ic-7G7atHK8

その理由は、幸福の哲学(原始仏教)という言葉に引かれたことと、

最近の青年は、原始仏教をどのように解説するのかという点に興味があったことです。

「あっちゃん」という人についてはよく知らないのですが、彼のブログ「日本一、人見知りする社長の奮闘記」によると、「38歳、男、職業:社長」とあります。
http://comline.seesaa.net/category/1464467-1.html

さて、この動画は数回続く対談の第一はということで、原始仏教の内容に入ってはおらず、その前段として脳とコンピューターとの比較を行っています。

それが面白いのです。

彼の話は、松本元著「愛は脳を活性する」に基づいて話されているようです。

松本元という方は、元東大教授で、65歳で亡くなったようですが、脳型コンピューターの開発をされていたようです。

そのために、脳とコンピューターの違いを研究されていたのでしょう。

その結論は脳には「愛と確信」が必要とされますが、

現在使われているノイマン型コンピューターは合理的であることが必要とされます。

現代の社会はコンピューターに基づいて合理的が優先される社会になっている。

そのために、人間がコンピューターに合わせるという奇妙な社会になっている。

そのために、人間が苦しむのだというのです。

最後に、「あっちゃん」は理想の人間の生き方を、あだち允の「タッチ」という漫画が示していると述べていました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

才木広之(如来)
2021年09月12日 10:52
「タッチ」見てましたよ。

あの雰囲気が人間としてあるべき理想が

思い遣りのある漫画だったな

人間思い遣りに尽きるのかな
才木広之(如来)
2021年09月12日 11:01
「俺たちの朝」というドラマが昔あったのだが、俺たちのシリーズで何作かドラマがあるんだが

これも思い遣りをテーマにしたドラマだ

思い遣りを突き詰める

思い遣りの究極を目指す

如来その者だな