「さびしい」という感情(続き)

昨日、また才木広之さんが次のような面白いコメントをしてくれました。

ありがとうございます。

「友達と一緒に食事に行くとします

友達はラーメンが食べたい

自分は蕎麦が食べたい

意見が異なりますが

別れて別々の店に行くのは御互いさびしい

から今回は例えば友達に合わす

次回は自分に合わせてもらう

交互に行う

さみしくないね。」

交互に行えば、お互いにさみしくないですね。

少しニューアンスは異なりますが、次のような動画がありました。

「驚くべき発達 カタカムナ時代の 物流技術」
https://www.youtube.com/watch?v=o4HVO64TjLk

この動画は、足りないものをお互いに交換し合う知恵の話しです。

さて、「さびしい」という感情は、何か足りないものがある感情ですね。

本当は足りないものが満たされればよいのですが、好き嫌いなどの感情は入り込みます。

好き嫌いがなければ、問題が起こりません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

才木広之
2021年09月18日 16:41
台風や竜巻の話なのですが

意見の違いが台風や竜巻を起こします

南風の行きたい方向と

北風の行きたい方向と

がぶつかると

台風や竜巻が起きるでしゅう

意見が対立すると次から次と自分の意見が御互い出て、ぐるぐる意見が回ります

まるで輪廻そのものですし

ダンマパダ5番そのものです
才木広之
2021年09月18日 16:48
スッタニパータには

「論争する相手は此処にはいない」

と明言されてます

意見の違いが対立すると

ダンマパダ5番が起きます

しかし

仏陀の弟子たちは

「論争する相手は此処にはいない」

と明言します。スッタニパータに書いてあります

意見の違いとは対立すると

恨みになります

意見の対立を捨ててこそ恨みは鎮まる、と言えます

そこでダンマパダ6番

君も僕も最後は死ぬんだよ

という話しになります
才木広之
2021年09月18日 16:59
もう少し超越して話を進めるならば

本能的に対立する相手が常にいるのが動物です。それが自然界です。自分の体の中も常に対立してるでしょう?

だから対立する相手がいないとなんだか生きた気がしない

さびしい

と感じるのも事実でしょうが

この無明に気づいたら

争いのない安らぎに幸せを感じるでしょう。さひしさではなく。