シンクロニシティを活用をする

私は、このブログに書くテーマはシンクロニシティを活用して決めています。

その例として、次の話で示します。

数日前に「小鳥の鳴き声は言語だった 文法まで突き止めた日本人研究者」という記事を読みました。また昨日はNHKBSプレミアムで「ワイルドライフ:鳥の言葉の研究最前線」という番組を見ました。

従来は動物の声は感情の表現程度にか考えられていませんでしたが、文法まであることを証明したことは画期的なことです。

昨日のテレビで、それ以上に私が感心したことは、カラ類(シジュウカラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、コガラ等)が他の種類の鳴き声を理解しているということです。つまり外国語を理解していることです。

カラ類は独自の自分の言葉を持っていますが、他のカラ類の言葉も理解しているのです。

例えば、シジュウカラはヘビなら「ジャージャー」、タカでは「ヒーヒー」と鳴きます。しかし、他のカラ類はこれとは異なる鳴き声です。しかし、他の鳥の鳴き声の意味を理解しているのです。

これはすごいことではありませんか。

日本人が日本語を話し、アメリカ人がその日本語を理解し英語をはなし、その英語を日本人が理解し、日本語を話すということです。

これは国際結婚をした子供たちが行っているという話を聞いたことがあります。

世界中の人々がこのようにできたらいいなと思っていました。

このような思いは昔からあって、高校時代にはエスペラント語(人工的な世界共通語の一つ)を勉強しました。

今では、AIを活用した翻訳機で、これができるようにはなっているようですが、機器を使わずにできるのが理想です。

あのテレビ番組では、シジュウカラの親が子供に言葉を教えているところがありましたが、その場所に他のカラ類の雛が集まって来ていました。そのようにして鳥は外国語を学習しているようです。

さて、さらに昨日はアマゾンから、小原嘉明著「本能__遺伝子に刻まれた驚異の知恵」(中央新書)という本が届きました。

その本には「外国語を話すホタル」の話がありました。

こうなったら、シンクロニシティについて書かずにはいられません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

hal
2021年09月21日 06:43
鳥は 賢く 可愛い です。

小鳥 好きな わたし には

うれしく たのしい お話。

有り難う 御座いました。˘ ˘*