武道を志す人

昨日の「石法如来の特別寄稿:私が出会った偉人たち。」のはじめに、空手家の太山倍達(おおやまますたつ)氏のお話が出てまいりました。

なぜ武道家の話と思われた方もおられるでしょう。

実は、武道と覚りとは縁が深いのです。

武道を志す人の目標は「強くなりたい」というところにあります。

そして如何にしたら強くなるか常に考え、そのために必要な修行に励んでいます。

はじめは、力を強く、速く動けるような修行をします。

また、戦いにおいては相手がいることですので、常に相手に勝る修行をしなければいけません。

ここにおいていろいろな問題が生じます。

相手の動きを知ること、相手の動きを知るためには、相手の心を知らなければなりません。

当然、自分の動き方も知らなければなりません。

一番力の出る動き方、一番速く動け方などを研究しなければなりません。

その時の心の持ち方も重要です。

相手を恐れて弱腰では、力も出ませんし、身体がすくんでしまいます。

それらを自らすべて発見するのは難しいので、それらを教えてくれる達人を探したりします。

強さを求める武道家も、結局、覚らなければ強くなれないと覚ります。

ここで、二種類の武道家にわかれます。

最後まで、強さを求めるために覚りを求める武道家と強さを求めることを放棄する放棄する武道家です。

後者は真のやさしさを求めて解脱するでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント