石法如来の特別寄稿:コロナこれから・・・。(その5)

我が国政府は、脇目もふらずワクチン接種に専念しておりますが、新型コロナ騒動を解決するには、「これしか手段はない」という感じです。
記事を書いている時点(9月1日)で、約7000万人の国民がワクチン接種終了らしいですが、感染者の増加は収まっておりません。
 
ワクチンに対する期待が、全く外れていると言える状況ですが一体何が起こっているのでしょうか?国民は、以前の生活に戻りたいが為にこぞってワクチン接種したのに、感染者の増加を見る限り事態は悪化の一途を辿っているように見えます。
 
政府(東京都など)は打つ手を無くし、相変わらず人流を減らす(あるいはロックダウン?)しか手が残されていないようにも見えます。
まさに日本は正念場に立たされ、匕首を首に突きつけられた状態と言えますが、果たして解決策はあるのでしょうか?
 
その中で、昨年から500人以上のコロナ患者を診てきたという開業医、長尾和宏氏の提言は大きな意味があるものと感じます。
本記事(その1~その4)を書いている時点で、長尾医師のテレビなど見たこともなく私の意見を気付いたまま書いて参りましたが、動画を見て「これは良い考え」と納得しました。
 
提言は、一日も早く「感染症の5類」にすること。また、「開業医による早期診断早期治療を実施する」、「治療薬としてイベルメクチンを使用する」などの3点です。
 
長尾医師は、現場の声ということで切実に訴えておりますが、果たしてそれが実現できるかどうか(政治決断出来るかどうか)が最大の難関と言えます。
長尾医師の言うとおり、イベルメクチンに効果があるならコロナワクチンは不要という話になるので、その点からもハードルは高いと見ます。
 
そもそも、高価なワクチン接種を推進するのは製薬会社の巨大な利権によるものです。政治家も、それに一役買っているのでしょう。
国民の命を救うために、巨大な医薬利権と手を切って本当に国民が望む安価で効果のある薬剤の導入を切に願います。このまま感染爆発が続けば、助かる命も助からなくなるからです
 
参考動画の紹介
 
https://www.youtube.com/watch?v=MfPJEfnaedU&t=419s
【今すぐ5類】重症化待たず即治療!長尾和宏【イベルメクチンは効く】                       
 
https://www.youtube.com/watch?v=rItuYdYKsFo
8月18日コロナ国内発生動向   
                                                                                      
https://www.youtube.com/watch?v=poYVUl9Be_I
2021.8.14【ワクチン】米政府、免疫強化のためにワクチン3回目接種許可・製薬会社は売上600億
ドル!!【及川幸久−BREAKING−】     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

才木如来
2021年09月05日 17:31
コロナとは自分が死ぬまでの付き合いになりそうですね。

自分が死んだら付き合いも終わり

何事も自分が生きているから起きる事で

自分が死ねば終わりです

なんの心配もない

自分は必ず死ぬのだから

ここで一言

「コロナが幸せでありますように如来は願います」

「コロナが幸せでありますように」

如来より