なぜ、武道家は覚らなければ強くなれないと覚るのか?



昨日のブログ記事に、「強さを求める武道家も、結局、覚らなければ強くなれないと覚ります。」と書きました。

それはなぜでしょうか?

武道の修行者は、筋肉を鍛えることを始めます。

しかし、筋肉を鍛えても相手に勝てないことを知ります。

そこで技を学び始めます。

技は筋肉の強さとは異なる技術が必要になります。

指導者からは、力を抜けと言われます。

しかし、力は抜こうと思っても抜けないのです。

相手に腕を掴まれたら、緊張して力が抜けないのです。

生死をかけた勝負の場であれば、その緊張は極限に達するでしょう。

これは、単なる技術だけでなく、心を平静に保つ修行な必要になるのです。

そのために、達人と言われる人は、心の修行をしています。

また、本当に武道の技術を身につけるということは、すべての技術から離れ、すべてを無意識にゆだねることだと知るからです。