夜中にトイレに2回行く

今日は新聞休刊日なので、このブログに書くテーマを新聞から見つけることはできません。

また、前日書いたブログ記事の内容の続きで書くこともありますが、昨日の記事は一応あれで完結です。

ただ、昨日は夜中にトイレに2回行きました。

夜中に1回はたまにはありますが、トイレに2回いくことはほとんどありません。

なぜか考えました。

思い当たることは、食べ過ぎです。

以前の食生活は、比丘(テーラワーダ仏教の僧侶)の戒律(正午以後の食事の禁止)により、1日2食でありましたが、還俗によりその戒律からは自由になりました。

妻との共同生活になりましたので、妻の食生活に合わせることになりました。

そこで現在は、朝食、昼食、夕食の3回食べるようになりました。

量はあまり多くなく、朝は自家製の豆乳ヨーグルトとりんごかバナナ、

昼はサラダと蒸したサツマイモ、夜は妻の作った夕食ですが、いわゆる主食は食べません。

その他、1日2リットルのお湯は少しずつのんでいます。

昨日は、所用で妻と外出しました。

昼の食事は外食、うどんを食べました。

それが大盛りでお腹いっぱいになりました。

また、夜は妻が友人からもらったというジャガイモがいっぱい入った肉じゃがを残さず食べました。

私は食べ物は残さない習慣になっていますので全て食べたため、またお腹がいっぱいになりました。

多分これらが夜中に2回トイレに行った原因だと思われます。

老人になると、トイレが近くなるとい言われます。

高齢で夜中のトイレで悩んでいる方は、食べ過ぎが原因ではないかと考えたらどうでしょうか。