なぜ自分は抵抗や反発を感じるのだろうか?

昨日、紹介した動画に反論する匿名さんのコメントを頂きました。

ありがとうございます。

これは予想されたことですが、このコメントに共感する方もあると思います。

このような方にこの際ですから、これは良い機会だと思ってください。

あの動画に、「なぜ自分は抵抗や反発を感じるのだろうか?」と考えてください。

まじめが大切と思っているからですか?

ふざけちゃいけないと思っているからですか?

頑張ることが大切と思っているからですか?

あきらめちゃいけないと思っているからですか?

そもそも神様なんて存在しないと思っているからですか?

何かに抵抗や反発の心が生じるのは、心にこだわりがあるからです。
自分のこだわりにはなかなか気づけないものです。

自分が自覚しているこだわりともかく、特に無意識のこだわりはなかなか気づけないものです。

大切なことは、無意識のこだわりに気づくことです。

無意識のこだわりが自分を支配しているからです。

何かに抵抗や反発を感じるときが、そのようなこだわりに気づくよい機会なのです。

「まじめが大切」、「ふざけちゃいけない」、「頑張ることが大切」、「あきらめちゃいけない」、

これらもこだわりだと知る必要があります。

これらのことが、あなたを苦しめているのです。

そんなものを取り払ってしまえば、楽しく生きることができます。

最後にダンマパダ198(中村元訳)を引用します。

悩める人々のあいだにあって、悩み無く、大いに楽しく生きよう。
悩める人々のあいだにあって、悩み無く暮らそう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年11月28日 10:05
すべて

だから

です
才木広之
2021年11月28日 13:14
法津如来、皆様

こんにちは

「心まで奪われてはいけない」

体が何かに奪われようが

頭までが何かに奪われようが

心まで奪われてはならない

心は清らかでなければならない

心が何かに染められてはならない

才木広之より
2021年11月28日 17:41
わかる

ものにだけ

わかる

こと
2021年11月29日 10:30
ふざけて ふまじめ

ばかり では

ただ むなしく あさましく

滅びる

だけ

で あろう に


むしろ かえって

頑張ること が 

いけない よくない

と いうような

そうした きわめて 偏った 愚かな

捉われ 囚われ から すら も

自由

と いうこと

です


頑張らなければならない とき こと が

あきらめてはならない とき こと が

あって

自然

でしょう


それら すべて を たいせつ に


つつみながら


素直 に

誠実 に

ありたい

と のぞむ

だけ

です