#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第32章 修行僧 38偈

38 すべての生存は無常であり、苦しみであり、変滅するものである。明らかな知慧をもって見る人には、すべてのものは滅び、何ものをも喜んで受けることがない。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

無常とは、変滅するものであるということです。

「すべての生存は無常であり、苦しみであり」とは、無常に抵抗し、受け入れないことが苦しみであるということです。

無常に抵抗せず、受け入れれば、苦しみではありません。しかし、それは凡夫にはできないことです。明らかな知慧をもって見る人ができることなのです。

明らかな知慧をもって見る人には、何ものをも喜んで受けることもありませんが、嫌がることもありません。

最近の私の身体の状態で言えば、熱が出て、体がだるいという感じはありましたが、これがいつまでも続くものではない、変滅するものであると確信していました。その経過をゆっくりと観察していました。実際に今朝の体温は36.1度で、体調も平常に戻り、ピークは過ぎたという感じです。まだ、鼻の左側は少し腫れがあり、すこし赤く、押すと痛みはあります。このようなものです。

ご心配くださった皆様には感謝申し上げます。





"#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第32章 修行僧 38偈" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント