SRKWブッダ著「仏道の真実++」具体的な覚りの機縁(広義)(4)

(以下引用)

【具体的な覚りの機縁(広義)】(4)

 ● 苦行に近づかないことは、覚りの機縁となる。苦行は無益である。苦行は、道を汚すものに過ぎない。解脱とは何であるのかが正しく理解されていないと、苦行によって浄らかになれるという誤った見解を抱くようになる。苦行によって覚ろうとするのは、怪我した部位をさらに傷つけて治そうと目論むような愚行である。覚りにおいて苦行が無益だというのは、覚りの道は苦行とは無縁であるという意味である。むしろ、人は楽しみと栄えとともに道の歩みを進め、ついに覚りに達するのである。修行者は、最初から最後まで健やかでなければならない。すべての仏は、健やかさの中において作仏しているのである。

(以上引用)


*法津如来のコメント

「(初)転法輪経」のはじめには次のように説かれています。

「そこで世尊は5人の修行者の群れに告げた。『修行者らよ。出家者が実践してはならない二つの極端がある。その二つとは何であるか? 一つはもろもろの欲望において欲楽に耽ることであって、下劣・野卑で凡愚の行ないであり、高尚ならず、ためにならぬものであり、他の一つはみずから苦しめることであって、苦しみであり、高尚ならず、ためにならぬものである。真理の体現者はこの両極端に近づかないで、中道をさとったのである。それは眼を生じ、平安・超人知・正しい覚り・安らぎ(ニルヴァーナ)に向うものである。』」

当時の修行者は修行というと、苦行をすることだと思っていました。ですから、ゴータマ・ブッダも断食や息を止めるなどの苦行を繰り返していましたが、それでは覚れないことをさとったのです。

今でも、多くの修行者は苦行が好きです。断食の他にも、滝行やその他の苦行に挑戦しています。瞑想も苦行として行なっているのかもしれません。




"SRKWブッダ著「仏道の真実++」具体的な覚りの機縁(広義)(4)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント